湖畔に暮らすミュージシャンと愛犬ハンク/ターシャの日記

kemosabee.exblog.jp
ブログトップ

タグ:キモサベ交友録 ( 13 ) タグの人気記事


2014年 07月 06日

MR. 熾壷きたる

初めて会うのに旧知の仲のような、、

ブログを拝見しているうちに性格まで分かったつもり、、

まあ一方的に思い込んでいるだけですが。

キモサベのごひいきブログ、熾壷日記

著者が訪ねてくれました。

ストーブ屋さん、薪ソムリエ、

煙突掃除人、手道具プロデューサー、

イベントや新機軸組織のオーガナイザー、

北国熱文化の伝承者、,,

肩書きを考え始めたら切りがありません。

本当に多方面でご活躍のMr. 熾壷。

ワタクソの木登り練習セットにも興味を示してくれました。

やっぱ人間の幅は何でも興味を持つっちゅうところからも培われるのかね。

d0114818_12542713.jpg


d0114818_12544793.jpg


d0114818_12551625.jpg

同行は当地の煙突掃除人、二人は煙突が取り持つ仲、

なんかうらやましいね。

うちの子らもなんか一目置いてる感じでした。

にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村
[PR]

by kemosabee | 2014-07-06 12:56 | あばら屋暮らし
2014年 07月 06日

MR.熾壷KITARU

初めて会うのに旧知の仲のような、、

ブログを拝見しているうちに性格まで分かったつもり、、

まあ一方的に思い込んでいるだけですが。

キモサベのごひいきブログ、熾壷日記

著者が訪ねてくれました。

ストーブ屋さん、薪ソムリエ、

煙突掃除人、手道具プロデューサー、

イベントや新機軸組織のオーガナイザー、

北国熱文化の伝承者、,,

肩書きを考え始めたら切りがありません。

本当に多方面でご活躍のMr. 熾壷。

ワタクソの木登り練習セットにも興味を示してくれました。

やっぱ人間の幅は何でも興味を持つっちゅうところからも培われるのかね。

d0114818_12464312.jpg

d0114818_1247742.jpg

d0114818_12474599.jpg
084.gif
[PR]

by kemosabee | 2014-07-06 12:49 | あばら屋暮らし
2014年 05月 11日

キモサベ交友録「Ms. Muller来る」

Ms. Mullerはワタクソの命の恩人です。

詳しくは脳溢血発症時の「冗長な話前編」「冗長な話後編」にまとめましたが。。


ただ事ではないと思いながらも、

思考力を失いヘラヘラしていたワタクソに

西洋医学の恩恵を受けさせてくれた人です。

彼女は「わたくしでなくてもそうしましたのことよ、

たまたまでげすよ」と言うけれど、

道ばたの掘建て小屋のような診療所は誰でも見つけられる訳じゃないし、

冷静で合理的な判断力とか、タイミングを逃さない決断力とか、、

万人が備えている資質ではありません。

今、湖畔に我あるは君のおかげなのら。


イタリア製オープン・トゥー・シーターでやってきたMs. Muller,

助手席には利発活発なご子息同伴です。

彼女とは10年以上会っていませんでした。

ご子息の相手はワイフと我が家の二人にまかせ、

十余年分の面白いお話一杯聞かせてもらいました。

「会社人生ゲーム、その後」とかね。。

まあ、頭のいい人の話は面白いわ。。




お話の後は海です。

活発とは言え、ほら、そこは都会の子、

キャーキャー言います。

海の底が恐いから足がつけないといってはキャー、

犬に足をなめられたからと言ってはキャー、

まあ、海の底が恐いのはキモサベが、

アサリに穴をあけて食う獰猛な貝の話をしたからですが。
d0114818_13104797.jpg

d0114818_1311490.jpg

d0114818_13112338.jpg





さてここらはご子息の目。。

僕の靴下
d0114818_18354558.jpg



僕のパンツ
d0114818_18362330.jpg



おじさん(爺さんか?)のユニクロ
d0114818_18365953.jpg



僕のママ
d0114818_1838448.jpg



僕のママ、とその友達、とその奥さん
d0114818_18392454.jpg





楽しい時間はあっという間に過ぎるね。
d0114818_132938100.jpg

d0114818_13295748.jpg



にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へ
にほんブログ村
[PR]

by kemosabee | 2014-05-11 13:12 | あばら屋暮らし
2013年 08月 21日

<引き続き冗長、犬写真に登場程度>久々飲み会

林業親方主催の暑気払い、っちゅうか酷暑お仕事打ち上げっちゅうか、

まあ主旨はどうでも、の、会に誘って頂きました。

ところが親方は下戸、ゲコ、。全く飲めません。

なので、か、にもかかわらずか、、そうとは言え、か、

自ら送迎を買って出てくれます。

今回お仕事親会社の現場監督、子分3人(キモサベ含む)を

迎えに回ることが少しも苦にならず、

プライドを持ち出さず、、人の鏡です。

道すがら我が家にはちょっと寄ってくれました。
d0114818_17322110.jpg

一番にピックアップされた一番弟子が一緒です。

写真では犬達の熱烈歓迎にちょっと逃げ腰。

d0114818_17361659.jpg

d0114818_17364580.jpg


この一番弟子、ワタクソより一回り年下、

キモサベ現在気になる男No.1です。その心は?
       
    現在不動産物色中、「自分が召される時、一緒に朽ち果てる

    家を所望。森に囲まれたせせらぎが流れることも条件。300

    万円以下」


    ひと月分の稼ぎをつぎ込もうが、全くロハだろうが、やりたい

    ことをやる

      
    カブトムシ採り放題のロケーションを知っているし、子連れで

    採集したい人あれば案内を買って出るよ

      
    棺桶に片足入れた時、ブランド物を沢山持っていても悲しいお荷

    物にしかならないであろうことを十代で悟った。


    一時の追い風、逆風に振り回される愚かさを幾度も泣いた

       
    亀が友達。心通じると言う。同時に国産種激減価格高騰などの事情

    にも詳しい。


    フニャフニャな外見的印象とは裏腹に地元自衛消防団では恐れられる

    存在。


    店に入るなり「ご飯はありますか」とたずね、店主に焚かせたことを

    知っていても「ちょっと腹いっぱいだな」と断ろうとする、親方にた

    しなめられれば素直にご飯ものをたのみ完食する。

    、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

こうした、この夜新たに知った諸々のことを加え、ワタクソはますます興味津々

であります。

人生の師はいろいろでRナ。

d0114818_18264879.jpg

日が暮れて辿るは我が家の細道。行ってきます。


にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
NSN氏、あんたが制作総指揮なんだろう。やっぱな。
でも、正解かもって思うよ、最近。
[PR]

by kemosabee | 2013-08-21 18:34 | あばら屋暮らし
2013年 08月 21日

<引き続き冗長、犬写真に登場程度>久々飲み会

林業親方主催の暑気払い、っちゅうか酷暑お仕事打ち上げっちゅうか、

まあ主旨はどうでも、の、会に誘って頂きました。

ところが親方は下戸、ゲコ、。全く飲めません。

なので、か、にもかかわらずか、、そうとは言え、か、

自ら送迎を買って出てくれます。

今回お仕事親会社の現場監督、子分3人(キモサベ含む)を

迎えに回ることが少しも苦にならず、

プライドを持ち出さず、、人の鏡です。

道すがら我が家にはちょっと寄ってくれました。
d0114818_17322110.jpg

一番にピックアップされた一番弟子が一緒です。

写真では犬達の熱烈歓迎にちょっと逃げ腰。

d0114818_17361659.jpg

d0114818_17364580.jpg


この一番弟子、ワタクソより一回り年下、

キモサベ現在気になる男No.1です。その心は?
       
    現在不動産物色中、「自分が召される時、一緒に朽ち果てる

    家を所望。森に囲まれたせせらぎが流れることも条件。300

    万円以下」


    ひと月分の稼ぎをつぎ込もうが、全くロハだろうが、やりたい

    ことをやる

      
    カブトムシ採り放題のロケーションを知っているし、子連れで

    採集したい人あれば案内を買って出るよ

      
    棺桶に片足入れた時、ブランド物を沢山持っていても悲しいお荷

    物にしかならないであろうことを十代で悟った。


    一時の追い風、逆風に振り回される愚かさを幾度も泣いた

       
    亀が友達。心通じると言う。同時に国産種激減価格高騰などの事情

    にも詳しい。


    フニャフニャな外見的印象とは裏腹に地元自衛消防団では恐れられる

    存在。


    店に入るなり「ご飯はありますか」とたずね、店主に焚かせたことを

    知っていても「ちょっと腹いっぱいだな」と断ろうとする、親方にた

    しなめられれば素直にご飯ものをたのみ完食する。

    、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

こうした、この夜新たに知った諸々のことを加え、ワタクソはますます興味津々

であります。

人生の師はいろいろでRナ。

d0114818_18264879.jpg

日が暮れて辿るは我が家の細道。行ってきます。


にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
NSN氏、あんたが制作総指揮なんだろう。やっぱな。
でも、正解かもって思うよ、最近。
[PR]

by kemosabee | 2013-08-21 18:34 | あばら屋暮らし
2013年 08月 20日

<ますます冗長 犬少々>世代 とか 年齢とか、、

音楽プロデューサーの友人が娘さんとお孫さんをつれて来訪。

お嬢さんはジュエリー・デザイナーとして活躍中。

二人のお子達は彼女の幼少期を彷彿とさせるような、

自由奔放な感じ。真っ直ぐな子供らしい子供。。

ハンクとターシャともすぐに友達になり、

家中飛び回ります。

、、と、、年上の坊や、キモサベのところへやって来ると、

「ねえ、ジイジィ、写真とるぅ」、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、

じいじ、爺じ、ジいジ、と、おっしゃいましたか、ねえ、坊や。。

d0114818_12373311.jpg


d0114818_123822.jpg

友人は、まあ彼のバアバですわな、は、

自分のことをニックネームで呼ばせています。

ワタクソからするとチョット引いてしまうような、、。

だから彼は日頃からジイジとかバアバとかの言い方に馴染みはないはず。

それがなぜ?初対面の「オジサン」に、、、。

ワイフも友人もお嬢さんもガハハハハッッッッハハッッッと大口開けて

笑います。
-
-
-
まあ冷静に考えればワタクソが彼の爺さんであったとしても、

なんの不思議も不自然もない年齢ではある訳でねえ。

知り合いのオータサンなど、40台前半で孫がいたし。

(まあ、彼の場合、その頃からメチャクチャ老け込み、

『おじいちゃん』も相応しい呼称でしたが。。)
-
-
-
しかし、その時のワタクソにそのような冷静さはなく、

「あんたが孫にヘンチクリンな呼び方を強要するから、

彼は自然な世代関係を潜在意識下で求めていたんじゃないのか?!?」

などと、、当惑の矛先を友人に向けたりして。。。
-
-
-
そうは言っているが「ちょっとホノボノとした気分」であったことも否定できない。

ワタクソこそ自然な世代関係に無意識の憧れを持っているのかもしれないっす。
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
右傾化の演出、原爆のインフラもちらつかせたりして、、
[PR]

by kemosabee | 2013-08-20 13:02 | あばら屋暮らし
2012年 07月 31日

キモサベ交友録「Mr. Hanson」#5

d0114818_18404896.jpg

氏来る。

昨年夏来訪以来、「秋に行きますから」、「冬にしますね」、「やっぱ春に」、、と

計画はあったのですが実現せず、一年ぶりです。

今回も奥様と二頭の愛犬同伴です。

キモサベ腕にヨリをかけたメキシカンでおもてなし、

その夜もハンソン氏とっておきの「お話」の数々うかがいました。

ハンソン氏の心のフィルターををとおり、ハンソン氏の言葉で語られる「お話」は、

いやー、おもろい。
d0114818_18325374.jpg

d0114818_1825235.jpg
d0114818_18243495.jpg
d0114818_18192596.jpg
d0114818_18315013.jpg

明けて翌日は太平洋へ行ってきました。

ジリジリというほどの日差しではないのですが、砂は焼けるような熱さ、

犬たちはたまりません。ゴム草履のキモサベもたまりません。

それでも犬たちに負ぶってもらう訳にも行かず、

ハンクをキモサベが、ターシャをワイフが抱いて波打ち際まで連れて行きました。

ハンソン夫妻も2頭を抱いていきましたが、2頭とも軽い、うらやましい。
d0114818_18304217.jpg
d0114818_18293737.jpg
d0114818_18283429.jpg

ターシャはビーグルのライト君にいじめられ

家では狭ーいところに隠れっぱなしでしたが、

海では存在感戻り、あれこれアプローチしてました。

よくわからんターシャちゃんであります。
d0114818_18272194.jpg
d0114818_18262199.jpg

「今度は2泊でおいでよ」「そーだね」、、と毎度おなじみの会話をし、

ハンソン氏、その日もそそくさ早々帰路につきました。

そしてその夜、キモサベはハンソンの土産、コロナビールを飲みながら考えます。

「ワタクソがハンソンと長く友人でいるのはなぜだろう?」

まあ「友情に理由はないんだよ」が答えですが、

それでも毎回顔を見るたびに自問自答を繰り返すのであります。


同じ会社で同じ仕事をしていた頃、会社持株会発足、多分濡れ手に粟の一千万円オーバー、

だれもがホイホイ手続きをしました。キモサベもね。

でもだがしかし、ハンソン氏は「いや、俺はいーですよ、そういうのは」と無関心。。

周囲の説得にも「まーいいじゃないすか、俺がいーんだから」とクール。。

そして今回しつこいキモサベが「やっぱやっとけば良かったでしょう」と蒸し返すと、

「あー、あれ、女房もいいって言ってるし、いーんですよ」と引き続きクール。


キモサベ、仙人生活を重ねて、「ふむ、奥さんもね、、フムフム」と

少しだけではありますが分かったような気がした今回でした。

にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
[PR]

by kemosabee | 2012-07-31 19:51 | あばら屋暮らし
2011年 07月 29日

ミスター・ハンソン来たる キモサベ交友録

d0114818_16471345.jpg

30年来の知己、20年来の親友、ミスター・ハンソンが訪ねてくれました。

ミスター・ハンソンはしょの1しょの2しょの3しょの4でご紹介した不思議な男です。

会社では相変わらずトンチンカンなワカランチンを演じているようですが、

前回とちょっと印象が変わりました。一皮むけたっちゅうか、逞しくなったっちゅうか、

「キモサベさん、ボクねえ、怖いもの無くなったんですよ」

事の次第はよく分りませんが、怖いものの無いミスター・ハンソンほど怖いものはない。。

まあ、無事定年を迎えてくれる事を祈ります。

d0114818_1704573.jpg

今回も奥様と愛犬2頭が一緒です。

ビーグルのライト君と日本テリアのガン君。

d0114818_1764722.jpg

d0114818_177966.jpg

しかし、姿勢の良いお二人、30台前半ですかって感じですね。
d0114818_1774255.jpg

d0114818_178076.jpg

d0114818_1782364.jpg

にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
[PR]

by kemosabee | 2011-07-29 17:10 | あばら屋暮らし
2009年 05月 10日

ミス・ミドラブ

 ミス・ミドラブはショー・ディレクター、ミセス・クライスラーはコスチューム・デザイナー、お二人とも自信にあふれた才能豊かな女性です。バリバリヒット作増産中。
 このお二人ととあるショーでご一緒したときの話です。製作は順調に進み衣装稽古の日を迎えました。「うんとフェミニンにお願いします」のリクエストどおり出来上がった女性ダンサーのフィナーレコスチューム、見事な出来映えです。ところが踊ってみるとジョーゼット地が邪魔になりリフトができません。それどころかその生地は一回の通し稽古で使い物にならない状態に破損してしまいました。事前に何度も見てはいたのですが、、。
 
 「こんなリフトがあるとは思わなかったわ」「このシーンはリフトなしでは表現できません」「フェミニンな振り付けじゃないと思うわ」「リフトがフェミニンじゃないとは言えませんよね」、、、

 ふむ、このコンランの責任はキモサベにあり。。プロジェクトのコミュニケーションが悪かった訳です。ミセス・クライスラーにお願いし、前のシーンの衣装を使いまわすことで納得していただきました。

 最後の最後にスッタモンダはありましたが、ショーは無事に幕を開け、大好評。小さなステージですが立体的に構成されたセットは奥行きを感じさせ、音楽はバリエーション豊か、振りも芝居も観客を飽きさせない仕上がり、工夫に満ちた音響照明、そして衣装はちょっと冒険もあり、出演者好演、全てが相乗効果、よくできました。

 1週間経ちました。どことなく沈みがちに見えるミドラブ女史、どうやら衣装の一件が気になっているようです。3人でお食事会をすることにしました。

 ショーのオープンを祝して乾杯、キモサベが、色々あったけど良いショーができてありがとう的な当たり障りのないことを言っていると、ミドラブが急に居住まいをただし、ミセス・クライスラーに向かい英語でしゃべり始めました。彼女は仕事上、毎日米国人と接しているから、ある程度は話せるのですが、改まってまとまったことを話すのは初めてかも知れません。きっと辞書を片手に準備してきたのだと思います。今回は素晴らしいコスチュームをありがとう、最後にあんなことになってしまいごめんなさい。あれから考えてみたけどあれは私がいけなかった。本当にごめんなさい。

 最後の方は声が震えています。ふと横顔を見ると涙がボロボロ流れています。キモサベには小さな子供が一生懸命のあまり、感極まって泣き出してしまう姿のように見えました。

 日頃の物事に動じない彼女の姿からは想像できない、無垢な少女の一面を見たキモサベは、上機嫌でワインを頂きましたとさ。
d0114818_13213811.jpg

[PR]

by kemosabee | 2009-05-10 13:20 | あばら屋暮らし
2009年 04月 27日

ミスター・ハンソン#4

d0114818_12591637.jpg シンガーのアリシアに呼ばれ楽屋へ。彼女はメキシコ系アメリカ人、声はロッド・ステュワートそっくり、顔もどことなく似ている。微妙だが美人、さっぱりした性格の素敵な女性です。
「キモサベはハンソンの親友だよね」
「まあ、はい、そんなようなものであーる」
「日本では女性から気持ちを伝えちゃだめなんでしょ」
「は、気持ち、っちゅうと、君はハンソンが好きとか、であるか」
「決まってるでしょう、ああ、恥ずかしい、、」
「日本でも、メキシコでも、アメリカでも、恋は自由であーる、好きなようにするよろしね」(キモサベの日本語が変なのは、変な英語の和訳を表現、、です)

 その後どうなったのか正確には知りません。ハンソンにからかい半分きいたりもしたが、はぐらかされました。そして2ヶ月後、アリシアは父親が亡くなり帰国してしまいました。

 10年以上の時が過ぎた最近になり、ハンソンがアリシアから届いた一通の手紙を見せてくれました。日付は彼女の帰国からちょうど1年後、リーガル箋3枚に大きな筆記体で綴られたその手紙は、あの2ヶ月間のハンソンに対する感謝の言葉でうめられています。どうやらその2ヶ月は単なるラブストーリーではなかったようです。
「そんなことがあったのか」
「昔の話ですよ」
「全然気がつかなかったよ、しかし救世主だな、ハンソンは」
「ふつーですよ、ふつー」

 日本へやってきたアリシアは不幸のどん底でした。経済的に困窮し、人間関係に行き詰まり、家族はそれぞれに問題を抱えていました。半ば全てを捨てて日本へ逃げ出してきたような状態でした。自殺も考えたこともありました。
 そして、そんな彼女にハンソンがしたこと、、 アリシアが熱を出して寝込んだ時、彼女が大好きなマックシェイク・バニラを持って見舞った。スーパーマーケットのチラシを見せ、ハンソン流節約術を伝授した。まあこういう卑近なことが心を癒すこともあるのでしょう。。そんな微笑ましいエピソードに混じって、「マフィアのラムジーもハンソンの電話のおかげでつきまとわなくなった」なんていうのが唐突に出て来ます。

「ハンソンはアメリカにマフィアの友達でもいるのか、ったく不思議な男だねえ、あんた何者」
「ただのハンソンですよ、アリシアが特別なんですよ、ミスターキモサベ、わるいけど」
[PR]

by kemosabee | 2009-04-27 13:03 | あばら屋暮らし