湖畔に暮らすミュージシャンと愛犬ハンク/ターシャの日記

kemosabee.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2013年 12月 30日

<ターシャネタ>スポットライト

d0114818_16411080.jpg


朝の低い太陽はあばら屋の奥の奥まで光を投げます。

ターシャは舞台の中央で一身にそれを浴びます。

彼女は暖を求めているのでしょう,きっと。

背中からは熾き火でほのかに暖かいストーブ。

冬の楽園にちがいありません。

そうは思うのですが、日頃の彼女の行動,、、

ねえねえねえキモサベチャン,見てみて見て、ワタシワタシ,

ハンクなんて見るとこ無いよ,ワタシ見てよ、、、。。

ひょっとしてスポットライト、、、。

などと考えてしまいます。
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
二極論ははばかられますが,人間でも立ち方指向と裏方指向というのが

あります。

コレで行くとターシャは立ち方指向,

ハンクは裏方指向と言えるかも。

まあしかし,人間でも裏方なのに立ち方指向とか,,

そう単純な話ではなさそうです。
[PR]

by kemosabee | 2013-12-30 17:12 | 愛犬ターシャとハンク
2013年 12月 29日

<料理、ストーブ>ホッケです

d0114818_10435799.jpg

ホッケ焼きました。

一度300度で1時間くらい焚いた後、

熾メイカーと呼んでいるコロ薪(直径3〜5センチの丸太薪を短く切ったヤツ)

を加え熾をたんまり作ります。

炎が消えたらグリドル(天板)を外しアミを載っけて,

ホッケを焼き始めます。

ジワジワとゆっくり火が入ります。

一回かえして反対側を焼いて出来上がり。

美味しい。
d0114818_10501991.jpg

二人は臭いに狂うことも無く完全に無視。

教えた訳じゃないけろ、ストーブで料理しているときはお利口です。

キモサベがシーザーみたいきにエネルギーを発しているのだろうか?

「シッ!! 手出しすると危ないぞ,絶対に食わせないし、シッ!!!」
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
[PR]

by kemosabee | 2013-12-29 10:58 | あばら屋暮らし
2013年 12月 28日

<犬バカねた>何だ,仲良しなのか、、

冬の日だまり、いい具合に暖まった犬ソファ。

二人ともお気に入りです。

ちょっと小振りでバセットハウンドには寸足らずか?

今日はターシャが占領、熟睡していました。

すると何を思ったかハンク、狭い狭い背もたれに乗ります。

それも,ターシャを起こさぬよう、そーっと,そーっと。。

d0114818_13522765.jpg

ターシャはハンクが5歳の時に我が家にやって来ました。

我が世の春満喫中だったハンク,

静かな生活に突然加わった台風娘に当惑,

ターシャのいいようにされていました。

そして2年と6ヶ月が過ぎ,ターシャは少しだけですが落ち着き,

われわれの「ハンクが一番政策」も多少功を奏し,

二人の関係も時に微笑ましい様子を見せるようになってきました。

しかし日に1,2度繰り広げられる取っ組み合い、追いかけっこ、

運動神経では圧倒的優位に立つターシャがハンクを跳び箱がわり,

サンドバッグがわりにやりたい放題です。

ハンクはやはりターシャと距離を置こうとします。


そんな中、今日のひとこま。

うれしいでR。。
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へ
にほんブログ村
[PR]

by kemosabee | 2013-12-28 14:55 | 愛犬ターシャとハンク
2013年 12月 27日

<犬なし,ストーブネタ>今頃?

ストーブのメンテナンス、この辺なら4月とか5月の初旬とか,

シーズンが終わり役を終えた頃に一回,

11月初旬、そろそろ焚こうかなあの時期に点検をかねもう一回、

こんなところが一般的でしょうか。

キモサベ家もそのくらいのタイミングでやってます。

まあ,どちらも入念に、、とはいきませんが、、。


で,シーズン真っ只中の今,ことにおよんだのは

気になる事があるとじっとしていられない性格,

気になること*しょの1*

   <2次燃焼室に溜まりっぱなしの灰はどのくらいの量になったのか?>

   触媒の上にうっすら灰が積もることがあり、歯ブラシで掃除してるけろ、

   どんなに気をつけても多くは下に落ちる。燃焼時にも酸化した固形物が

   溜まっているはず。2シーズン目の始業点検時にばらして見た時には

   殆ど溜まってなかったので,それ以来開けてない。どうだろう???


*しょの2*

   <そもそも触媒はだいじょうぶなのか?>

   露出している上面はしっかりしている。触っても,歯ブラシで掃除しても

   問題のない感触だ。触媒は寿命2年とか、3年とか言われているし,皆さん

   のブログなど拝見していると1年でボロボロになったとか,3年目に開けて

   みたら原型を止めていなかったとかいう記事を散見する。セオリーとほど遠い

   焚きかたをしている我が家が無傷であるはずは無い。


*しょの3*

   <レンガはどうだろうか?>

   これまでに何度もレンガまで外している。これといった問題はなかった。

   まあ,問題と言えば前々回外した時に不注意で一枚を大きく二つに割ってしま

   ったことくらいか。しかし最近、それとは違う一枚に亀裂が入っているのを

   見つけた。物理的なショックは考えにくいから熱による劣化だ有力だ。

   とすると他の3枚も,,,???


他にも錆の進行程度とか、2次燃焼室の熱劣化程度とか,,枚挙にいとまが無い。

まあ,ばらしてみましょうか。

d0114818_112436.jpg

階下でキモサベが道具を準備中、二人は何ごとかと興味津々。。

おざなりな犬ネタ**でした

d0114818_1121487.jpg


d0114818_11232443.jpg

さて,触媒です。裏側までしっかりしてます。

竹串を入れ灰が溜まった穴を掃除してやりました。

その際、コジコジやってみましたが、

ボソッといく気配もありません。

これでオッケーなのだろうか?

しっかり原型をとどめていれば良いのか?

触媒として機能してくれるのだろうか?

調べてみたけろ「見極め方」に関する情報は見つけられなかった。

ま,このままシーズン乗り切りましょう。


d0114818_1130176.jpg

レンガです。

*ためいき*フーっ、、、全滅です。

一見無傷のやつも持ち上げた瞬間バラバラになります。

さてさてどうしたものか,,,

購入しても純正品で5千円(5枚)程度,

規格品ならば12枚2千円。

手配しておけばこのタイミングで交換,めでたし、だったのですが,

思いつきで始めた作業、そんなに段取りよく進むはずも無く。。
d0114818_1284467.jpg

3,40ピースのジグゾーパズルに挑戦、

ワイフの手も借りなんとかはめ込みました。d0114818_11462093.jpg

d0114818_11503859.jpg

なんとか復旧、、に見えますが,組み立て中にも次々に割れ,

一番右側のやつは、、ちょっとね,,

ここは後ろのナンチャラプレートを押し付けて固定するクサビの圧力を

受けるところなので、この状態では強度に問題あり。。

比較的状態のいいヤツと入れ替えるべきではありますが,,

そこは、、ホラっ、、、ね、詰めは甘いからねえ、ワタクソ。。。

ほぼ振り出しに戻るであろう作業はパス。。

騙し騙し、それ以上割れないようにクサビを打ち込みましたとさ。
d0114818_127227.jpg


なんとかかんとか作業終了。

2次燃焼室内は思ったほど灰も溜まっておらず,

近い将来交換することになる燃焼室そのものも,

数年は分解する必要は無し,,ということが分かりました。

分解するたびにボソボソと欠けて行く2次燃焼室,

値段も高いのでこれは有益な経験則であります。


焚くのもメンテナンスも楽しい薪ストーブ。

自己満足できました差。


にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
[PR]

by kemosabee | 2013-12-27 12:26 | あばら屋暮らし
2013年 12月 26日

<動画>ターシャです




にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
[PR]

by kemosabee | 2013-12-26 12:32 | 愛犬ターシャとハンク
2013年 12月 17日

かっちょ悪ーい!!でもね。。


皆様、いかがお過ごしですか?

寒いですよね!!

我が家はストーブ300度以上で焚き続けても、、

寒い、です。

外気が冷たいのか、家の隙間が増えたのか、、分かりません、、が、

寒いです。

d0114818_18123082.jpg

で、対抗策。。フーム、かっちょ悪いね、我ながら。。

でも、、ワタクソの最近のかっこうです。

ピーターパンみたいな、、全然みたくはないけろ、、

ベルトも役割があって、

セーターの内側で暖まった空気を逃がさないための、

ささやかな工夫。

ま、帽子は写真用であります。

どうぞよろしく。。
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
[PR]

by kemosabee | 2013-12-17 18:24 | あばら屋暮らし
2013年 12月 15日

<動画>お料理、スペアリブ、犬すこしだけ登場


ひさしぶりにリブやりました。

ストーブの灰とりグレーチングを10ミリ鉄板でふさいでから、

初の火室内料理です。

熾き火ならしもスリットに引っかからないのでラクチン。

できばえは上々。

下からの熱が均等で強いので短時間で焼けます。

ピザも良さそうな気がする。


そして犬達ですが、

本能的に火を怖がる?、、、怖がりません。

しかし、旨そうな臭いに惹かれ手も、邪魔はしません。

ターシャはレンガに落ちたソースを後からペロペロやってましたが。

にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
[PR]

by kemosabee | 2013-12-15 11:35 | あばら屋暮らし
2013年 12月 14日

<動画>6:45 退屈な動画ですわ



この子らは鉄の箱の中で起こっていることには無関心です。

興味があるのは温度。

日が落ちて、ストーブが暖まっていないと抗議します。


にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
[PR]

by kemosabee | 2013-12-14 18:41 | 愛犬ターシャとハンク
2013年 12月 12日

まあ、我が家も大掃除

年末、大掃除。

我が家では犬の毛、隙間から入り込む砂埃対策で、

毎日掃除機が唸ってます。

この時期、手の届かない高いところの蜘蛛の巣とりをします。

担当はワイフ、キモサベは地上班。

4メートルの脚立にタッタと昇り、

スイスイと作業するワイフをキモサベは指をくわえて見上げてます。

犬達もウロウロしてるだけです。

d0114818_12503156.jpg


林業に従事するキモサベ、すこしは高いところに慣れましたが、、、

それは二メートル程度のこと。。

しかし、このままではお仕事ももらえなくなります。

来年こそツリークライミングを始めよう。

下さえ見なけりゃなんとかなりそうなんだけろ。。
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
[PR]

by kemosabee | 2013-12-12 12:57 | あばら屋暮らし
2013年 12月 07日

いつもと違う日々

さて、このところ不在がちなワタクソ。

ハンクもターシャも、、二人は当惑気味です。

当惑しているのはキモサベも同じです。

母を施設に入れ、日々予期せぬ出来事に困惑、当惑です。

彼女が迷わずに食堂に行けたと言っては喜び、

彼女が夕食後、知り合ったお仲間と団らんしていたと知り、

おお! 良かった良かったと涙を流し、、、


でもね、まあ、しかしねえ、、

不動産価値で言えば分譲マンションの二倍以上の一時金を要求し、

月々食費と専門対応(老人のケアのプロの人件費)と称して、

大卒初任給に迫る金額が月々引き落とされる。。。

それは何の対価?

今のところ甚だ疑問でR。


老人はトンチンカンでR。

老人は何をするにも時間と繰り返しが必要でR。

老人は覚えられないのでR。

老人は我が侭で頑固でR。

老人は気まぐれでR。

老人はどこか悪いのでR、薬飲まなきゃでR


老人素人のキモサベにもこのくらいは経験則的要件。

そういう老人らしさが顔を出したからと言って、

「すわ一大事」と騒ぎ立てる施設側の素人くささに、

「ん?これって、何も変わらない?

彼女がハッピーなだけ前の方が良かった?」

と不信感に苛まれるワタクソではあります。


まあ、一概に老人と言っても色々です。

父は93歳で召されるまで、トンチンカンにもならず、

我が侭にも頑固にもならず、

家族を困らせること無く逝きました。


まあ、そんな風なら高い金払って施設のお世話になる必要も無く、

父はあっさりと召された訳です。

そうでないから入った施設。

「えっ、ここって健常老人のためのリタイアメント・ホームだったの??」と、

訝しむワタクソなのであります。


いまのところ偏屈ワタクソも、母がいじめられてもと慎重になり、

責任者を出せ!的ファイナル行為は控えておりますが、

ほぼ毎日のように訪れ、、それは時間の問題かも、、。


施設の人も一生懸命やってるんだからねえ、

あんたもねえ、いい加減大人にならなくっちゃねえ、

などと分別代表の意見も頂く訳ですが、

ワタクソがそういう「物わかりの良い社会人」に走っちゃうと、

しわ寄せは全て母に及ぶ訳ですし。。

やっぱ息子は分からんチンに徹しましょう。


そしてワタクソはワイフの忍耐と、

犬達の無償の優しさに支えられ、

明日に備えるのであります
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
[PR]

by kemosabee | 2013-12-07 20:00 | 愛犬ターシャとハンク