湖畔に暮らすミュージシャンと愛犬ハンク/ターシャの日記

kemosabee.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2013年 03月 27日

ターシャの性格

春うらら、キモサベはレモンの剪定。

数年前までたわわに実ったレモン、昨シーズンは収穫ゼロ。

落ち葉が降り積もる土壌は優秀な腐葉土と思い込み、

肥料は思い出したときに気まぐれで与えていましたが、

近所のばあさんの言うには「レモンは肥料食い」だそうで、

年に3回かなり大量に与えよということでした。

剪定も収穫後強めにやらないとだめらしい。

そうは言ってもそこは素人、強めも弱めも分かりません。

まあ、収穫の時手が届く範囲に実がなるようにと、

上に向かってツンツン伸びだした枝を中心に5系統を3系統に。。


さてさて、ターシャです。

キモサベの手先を注視しています。

普段は落ち着きが無く、気が散り、集中とは無縁なのですが、

たまにとりつかれます。

まあ、日頃から興味津々だった裏山の入り口、

彼女はキモサベが謎を解き明かしてくれると思ったのかもしれません。

作業の20分間、ターシャは片時も離れず、

見守っていました。
d0114818_1034624.jpg
d0114818_10333438.jpg



ハンクは周りをうろうろしていましたが、

そのうち南側へ移動し日光浴してました。

ハンクも子供の頃はターシャみたいだったのかなあ。。

忘れました。
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
[PR]

by kemosabee | 2013-03-27 10:37 | あばら屋暮らし
2013年 03月 23日

ターシャ術後1週間

d0114818_18101880.jpg


写真は4日目、の縫合跡です。

執刀医はひと呼んで「縫合のアーティスト」。

長い切開跡はツレや偏りがなく、均等なステッチが奇麗です。

ターシャも、さすがに退院した日は、ちょっと違和感があるのか、

後ろ足の動き幅がコンパクトになっていましたが、

翌日目覚めてからはいつもどおり、大股でドタドタと歩いてました。


キモサベも外科手術をするなら、この先生にお願いしたいものです。

まあ、獣医さんですから無理ですが、。

外科医はクリエイティビティーとか美意識とか、こだわりとか、、

そういうお医者さんと関係なさそうな要素を強く求められるジャンルだと

思います。

無けりゃ無いですんでしまうけろ。。
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
[PR]

by kemosabee | 2013-03-23 10:50 | 愛犬ターシャとハンク
2013年 03月 17日

ターシャちゃん退院

d0114818_10283698.jpg

昨日11時30分、ターシャちゃん退院しました。

おかげさまでいたって順調、元気です。

帰宅、いつもならテールゲートからピョンと飛び降りますが、

さすがに助けを求めます。

そっと地面におろしてやると静止をふりきり、

軽やかに階段を駆け上ってしまいました。

部屋に入ると超大量のおしっこ、

おまえの小さな体のどこにそんなに!!!???!!!
(尿は強アルカリ)

出し切ると水をがぶ飲み、与えれば与えただけ、、

おまえの小さな体のどこにそんなに!!!???!!!

両方とも我慢していたのでしょう、きっと。


その後のおしっこは少量を何回も、

自然圧で出る分だけ、痛みで残りは絞り出せない、、という感じです。

だとすると最初の大量しっこは、本当にすごい量溜まってたんだろうなあ。。


食欲は旺盛、普通にがつがつ食べました。

先生が「食事も排泄もできない子もいますが、

バセットはその辺、ある意味、、鈍感って言うか、、、

(先生もバセット♀を飼ってます)」と

おっしゃっていましたが、その通りでした。


一夜明け快晴の日曜日、起床、排泄、食事、

全く普通の日課をこなしていました。

しかし、いつもなら着替えをするキモサベの足下へやって来て、

「早く散歩行こうよ」とうるさいターシャなのですが、

今朝は日だまりでゴロンと日光浴をしたまま動こうとしません。

さすがに疲れ、痛み、、大きな外科手術の後ですから当然です。


さてハンクです。

我々の注意がターシャに注がれ、ちょっと子供返り、

ターシャの巻添えで散歩にも行けず、面白くなさそうです。

まあ、我慢です。

にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
[PR]

by kemosabee | 2013-03-17 11:06 | 愛犬ターシャとハンク
2013年 03月 16日

ターシャちゃん入院

昨日朝10時、我が家のバセットハウンド♀2歳ターシャちゃん、

避妊手術のため入院しました。

「先生、それでは、よろしく、お願いいたします」

全幅の信頼をおく院長先生にターシャを託します。

別れ際、彼女は激しくほえました。

これから自分の身に起こることを受け入れられないと、

キモサベに必死の抗議をしているように聞こえます。



日頃ハンクに自分の臭いをかげと迫ったり、

せっせと巣作り行動をするターシャ、♀です。

王子様は現れなかったけろ、心に決めた人がいたのかもしれません。

それがハンクだったとしたら、さらにキモサベは複雑な心境です。

ハンクから♂を取り上げたのもキモサベですから。

毎日ガウガウとバトルを繰り広げている二人ですが、

それを反目と見るのもキモサベの決めつけ。

おたがい、そろそろジュニアでも、、なんてささやかな幸せ計画を

たてていたのかも。。。
d0114818_1101595.jpg

にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
[PR]

by kemosabee | 2013-03-16 11:01 | 愛犬ターシャとハンク
2013年 03月 05日

春うらら、二人、+ワタクソ

午前中、日だまりは40度近くまで。。

日当りの良すぎる我があばら屋も室内温度30度を超えます。

となるとこの二人、もはや日だまりを求めません。

ひんやりした床に寝そべったり、

日の当たらないソファにうずくまったり。。

d0114818_11155968.jpg


d0114818_11162312.jpg


d0114818_11165145.jpg


それでも夕方になるとグングン冷え込み、

夜になれば0度。

寒暖差40度。

高原からやって来たレタスも良く育ちます。

(右の貧相なヤツは我々が食べすぎました)

d0114818_11194697.jpg






そして、、そのころワタクソはと言えば。

65センチと85センチの木と格闘しておりました。

2本目の太い方のヤツ、

重心が分かり易く、クサビだけで倒しましたが、

追い口の切り込みがうまくなく、

まっぷたつにさけながら倒れました。

割る手間は少し省けますが、ちょっと恐い。
d0114818_11275930.jpg


d0114818_11283253.jpg


薪割りグループの皆さんが4月からこの山へ入ることになったので、

ペースアップして沢山玉を用意しなくてはなりません。

切るだけなら楽チンなのですが、

枝払いと、お片づけがしんどい。。

でも、ワタクソにはいい運動です。

3月は山仕事に集中。
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
[PR]

by kemosabee | 2013-03-05 11:33 | あばら屋暮らし