湖畔に暮らすミュージシャンと愛犬ハンク/ターシャの日記

kemosabee.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 03月 23日

環境変化 順応

犬の先祖オオカミ、自然環境の中、彼らはちょっとした身の回りの

変化にも敏感に反応し、用心深く暮らしていたに違いありません。

巣の近くを通りかかった天敵の臭い、季節の変わり目を知らせる様々な兆候、

獲物になる生き物達の動向、、三角の耳をクルクル動かし、臭いの伝わる高さに

鼻の位置を上下させ、5感をフル稼働させて探っていたのでしょう。


さて、我が家の二人、オオカミの子孫、まあ犬の中でもオオカミ野性を多くは受け継いでいない

バセットハウンドという犬種ではあります、鼻だけはいいけど。。

それでも彼らは生活環境の変化に敏感に反応します。

まあ、一例です。


d0114818_14453047.jpg

キモサベ家勝手口、土足で出入りするお二人とワタクソ、、

お二人の場合は雨でも番犬出動の際にはワンワンと飛び出して行きますから、

汚れだけでなく水も家中に足形スタンプで撒き散らします。

試しにドアマットを敷いてみました。
d0114818_14521531.jpg

d0114818_1453184.jpg

早速やってきました。ハンクはためらわず上に載り臭いチェック開始。

ターシャはちょっと離れたところからハンクの行動を注視しています。
d0114818_14552529.jpg

d0114818_1456255.jpg

やっと安心して臭いをかぎ始めたターシャ、

ハンクは直ぐに警戒心をといたのか、「これ新しいベッドか?」。。
d0114818_1458568.jpg

d0114818_14585533.jpg

d0114818_14592062.jpg


人間と暮らした時間が5年長い分、我々のやることに慣れているのか、

キモサベたちへの信頼感が強いのか、去勢の影響もあるのか、

ハンクはおざなりチェック。

ターシャは慎重です。

他の事でもターシャにより強い野性を感じます。

血筋かなあ。
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
[PR]

by kemosabee | 2012-03-23 15:08 | 愛犬ターシャとハンク
2012年 03月 14日

飼い主の威厳、???父親の威厳???

我が儘なキモサベは時々切羽詰まってとっちらかる。

するとハンクは遠くからキモサベをたしなめるように、

魂を見定めるようにじっと見つめる。

ターシャはどうして良いか分らずオロオロする。

キモサベ、ワイフ、ハンク、それぞれの間を行ったり来たりしながら、

「どうなってるの?何が起ってるの?ねえ、おせーて、プリーズ」

っちゅう感じで皆の顔をなめ回す。
d0114818_22143939.jpg

っと、我に返ったキモサベは皆に限りない感謝をするのです。

そして付けっ放しのテレビではカンペエちゃんが

「なーぜじゃ、どーしてじゃー」と言っています。

まあ、これが人生か、、ですが。。

みんなごめんな、、です。
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
[PR]

by kemosabee | 2012-03-14 22:06 | 愛犬ターシャとハンク
2012年 03月 08日

ハンクが絶対許せないこと

毎日二人を見ていると目に見える変化はありません。

ターシャがチョッカイを出し、ハンクは堪忍袋の尾が切れ、

吠えて、ターシャを追いかけ回す。。なにも変わりません。

ハンクの反応はむしろ過剰になるばかり。

最近では吠えると言うより悲鳴をあげる、、感じです。

「ヒー、ヒー」みたいな感じ、、

「ハンクはキンタマとったから、オスギ(とピーコの)のヒステリー

みたいなもんかもな」とキモサベが言うと

ワイフは悲しそうな顔をします。


それでも頻度で言うと事情は少し良くなったような、、。

ターシャがマイルドに接近するとハンクは穏やかです。

出会い頭に鼻先をぶつけても、聞くに耐えない反応はしません。

以前では考えられないツーショットの写真も増えました。(何回も書いたね)
d0114818_17562152.jpg

d0114818_1757864.jpg

d0114818_17572742.jpg

d0114818_17574538.jpg

ターシャも少しずつ学習しているようには感じます。

まあ、それでも結果は20点くらいかしらん、、。

いきなりハンクに飛びかかったり、散歩中体当たりをしたり、、。

そういうワイルド・ターシャに対してもハンクは時に寛大です。

ああやっぱりハンクも中年のおっさんだなあ、とキモサベは複雑な心境です。


そんなハンクであり、まあねのターシャですが、

少しも変わらずハンクが絶対に許さない事が二つあります。

一つは食事。ハンクが食べている生魚とか、生肉とか、ターシャが横から狙おうものなら、

鼻にシワをよせウーと低く唸り、それでもターシャがやめないとガウがウと吠えます。


もう一つはベッド。キモサベたちのベッドです。

今のところ時々なら乗る事を許しています。ハンクにだけ。。

そこにターシャが乗ると全力で追っ払いにかかります。

しかし、運動神経ではターシャが数段上回っているので、簡単には降りません。

最期はキモサベかワイフがターシャだけを降ろします。

過保護っちゃあカホゴですけろ。


この二つは例外無く絶対です。今後も多分かわらないでしょう。
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
[PR]

by kemosabee | 2012-03-08 18:39
2012年 03月 02日

夫婦ですか? 兄弟ですか?

二人を連れて外出すると犬好きの方に声をかけられます。

「大人しいですね、耳が長いですね、手が大きいですね」

十中八九この辺から始まります。

「いえいえ、外面は良いんですけど内じゃあ悪戯で、、」

「ええ、この犬種はそうなんですよ、耳も手も、、」

、、などと応えます。



最近は「夫婦? 柄が似てるから兄弟かな?」が次の質問です。

未だこの質問には決まった答えが用意できていません。

「いえ、全然血は繋がってなくて、♂と♀なんですが夫婦って訳でも、、」

ちょっとシドロモドロ。。


d0114818_12424658.jpg

d0114818_1243751.jpg

ハンクが去勢してなかったら

「はい、夫婦です」とか「まあ、恋人同士っていうかね、へへへッ、」とか

応えるかもしれませんが。

こんな情景も見られる昨今、言ってみれば友達でしょうか。

美川憲一と神田うの、、みたいに、、

、、、あんまりベストな例えではないけど、ワタクソ的にも。。


「いえ、親友同士です」と応えられるような関係になって欲しい。
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
[PR]

by kemosabee | 2012-03-02 12:50 | 愛犬ターシャとハンク