湖畔に暮らすミュージシャンと愛犬ハンク/ターシャの日記

kemosabee.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 04月 ( 34 )   > この月の画像一覧


2009年 04月 30日

リラックス

d0114818_15154766.jpg

ワイフは「ハンクはキモサベといるときはリラックスしていない」と言います。

そんなことあるものか、と思っていましたが、こうして写真を見てみると、

フーム、確かに言えてるかも知れないなあ。。

リラックスしていない、、なにか困った、、ちょっと警戒、、お義理で、、、

そんな表情にも見て取れます。

まあ、ちょっと複雑微妙な気分ではあります。ちょっと優しくしてやるか、、。
[PR]

by kemosabee | 2009-04-30 15:21
2009年 04月 29日

まくら

おかまいなしにどこでもドテッと寝っ転がるハンクですが、

「まくら」あれば尚可、のようです。

キモサベの足でも、腕でも、顔でも、手直ににあるものに頭をのせます。

こんな、わずか数センチの段差でも無いよりはいいようです。
d0114818_1121716.jpg


膝の上にアゴをのせ、安心しきって寝ているハンク、、にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ

キモサベは動きたくなってもついつい我慢してしまいます。

親バカ、、、、(*ため息*)
[PR]

by kemosabee | 2009-04-29 11:03
2009年 04月 28日

バセットハウンドの耳 耳の厚さ

ハンクの耳、最近ぶ厚くなってきました。

3歳2ヶ月、そういう時期なのかもしれません。
d0114818_11373145.jpg

キモサベは「パタパタ(昨日ブログご参照くださいませ)」の効果だと思っています。

あまり厚くなりすぎても、ゴワゴワで風にもなびかなくなるかもしれません。

「パタパタ」適当にしないと。。
[PR]

by kemosabee | 2009-04-28 11:39
2009年 04月 27日

ミスター・ハンソン#4

d0114818_12591637.jpg シンガーのアリシアに呼ばれ楽屋へ。彼女はメキシコ系アメリカ人、声はロッド・ステュワートそっくり、顔もどことなく似ている。微妙だが美人、さっぱりした性格の素敵な女性です。
「キモサベはハンソンの親友だよね」
「まあ、はい、そんなようなものであーる」
「日本では女性から気持ちを伝えちゃだめなんでしょ」
「は、気持ち、っちゅうと、君はハンソンが好きとか、であるか」
「決まってるでしょう、ああ、恥ずかしい、、」
「日本でも、メキシコでも、アメリカでも、恋は自由であーる、好きなようにするよろしね」(キモサベの日本語が変なのは、変な英語の和訳を表現、、です)

 その後どうなったのか正確には知りません。ハンソンにからかい半分きいたりもしたが、はぐらかされました。そして2ヶ月後、アリシアは父親が亡くなり帰国してしまいました。

 10年以上の時が過ぎた最近になり、ハンソンがアリシアから届いた一通の手紙を見せてくれました。日付は彼女の帰国からちょうど1年後、リーガル箋3枚に大きな筆記体で綴られたその手紙は、あの2ヶ月間のハンソンに対する感謝の言葉でうめられています。どうやらその2ヶ月は単なるラブストーリーではなかったようです。
「そんなことがあったのか」
「昔の話ですよ」
「全然気がつかなかったよ、しかし救世主だな、ハンソンは」
「ふつーですよ、ふつー」

 日本へやってきたアリシアは不幸のどん底でした。経済的に困窮し、人間関係に行き詰まり、家族はそれぞれに問題を抱えていました。半ば全てを捨てて日本へ逃げ出してきたような状態でした。自殺も考えたこともありました。
 そして、そんな彼女にハンソンがしたこと、、 アリシアが熱を出して寝込んだ時、彼女が大好きなマックシェイク・バニラを持って見舞った。スーパーマーケットのチラシを見せ、ハンソン流節約術を伝授した。まあこういう卑近なことが心を癒すこともあるのでしょう。。そんな微笑ましいエピソードに混じって、「マフィアのラムジーもハンソンの電話のおかげでつきまとわなくなった」なんていうのが唐突に出て来ます。

「ハンソンはアメリカにマフィアの友達でもいるのか、ったく不思議な男だねえ、あんた何者」
「ただのハンソンですよ、アリシアが特別なんですよ、ミスターキモサベ、わるいけど」
[PR]

by kemosabee | 2009-04-27 13:03 | あばら屋暮らし
2009年 04月 27日

バセットハウンドの耳

「まー、お耳が長いでちゅねー」

散歩で出会う皆さんは必ずおっしゃいます。

ブログやドッグショーの写真等で見るバセットの中には、

もっともっと長い耳のバセットがたくさんいます。

それでも他の犬種に比べるとハンクの耳も長い。


この長い耳は耳道への風通しを悪くし、カビが生えやすくなります。

ハンクも一時黒褐色のベトッとしたカビに悩まされました。

獣医でエタノール系の洗浄剤をもらい、試してみましたが、

効果はなく、ティッシュや綿棒で物理的に除去していました。

根絶やしにできる訳ではないので、数日で元にもどります。
d0114818_125493.jpg


試行錯誤を重ねました。そして今はカビゼロです。

効果があったと思われる方法です。

[平均年3回のシャワー時にぬるま湯で丁寧に洗浄する]

耳道に流れ込まないように、手にすくった湯を耳の入り口を下にして

優しく、優しく、少しづつ、少しづつ、何回も何回も、、

[耳のマーサージを毎日する]
耳の付け根の辺り、耳道をつまむようにしてもんでやります。

優しく優しく、、これを「耳クチュ」と呼んでいます。

「ハンク、耳クチュ」というと喜んでそばに来ます。

マッサージの間、首を傾け、恍惚の表情を浮かべています。

それが終わると「パタパタ」です。

両耳の端を持ち文字通りパタパタと振ってやります。

耳の奥の空気を入れ替える効果があるのではっと思ってます。にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
d0114818_1241415.jpg

[PR]

by kemosabee | 2009-04-27 12:07
2009年 04月 26日

食料庫兼、倉庫兼、書斎でお仕事に励むキモサベ。

足許では愛犬ハンクがまどろむ。。

こういう状況が日常的にあるとキモサベはうれしい。
d0114818_10484751.jpg

しかし、雨のこの日、ハンクはストーカー犬。

キモサベやワイフの行くところ、ヨタヨタと着いて回ります。

階下に降りれば階段の上でじっと待っています。
d0114818_10513873.jpg

   でも、ワイフの時はずうっとこの場所で待っていますが、

   キモサベの時は戻る気配を感じるとスタンバイするみたいですが、、。

そして、疲れ果て心ならずも熟睡。。上の写真になる訳です。。にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
[PR]

by kemosabee | 2009-04-26 10:54
2009年 04月 25日

くるまりアート#6 もぐりアート

手抜きです。アートとは呼べない。にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ

もぐり込んだだけです。
d0114818_12275317.jpg


雨、デッキにも出られないハンク、ふてくされ気味。

デイベッドに這い上がり、ドタッと倒れ込み、ゴソゴソもぐり込み、、
[PR]

by kemosabee | 2009-04-25 12:31
2009年 04月 24日

サボテン、ラベンダー、ミント、、

春、わがあばら屋の植物達も冬眠から目覚めました。

サボテンは地植えにした一株、根付きもよく太ってきました。

鉢植えと比べると厚みが1,5倍ほどになりました。
d0114818_1350961.jpg


ミントは怖いほどの勢い、今年の夏は好きなだけミントティーを飲めそうです。
d0114818_13511517.jpg


これは雑草です。名前は分りません。「ツル日々草」だと言う人もいます。

普段は頑固な地下茎と、くわを振って格闘していますが、花の時期は休戦。
d0114818_1351375.jpg


ばらも選定、肥料が功を奏したのか、つぼみがいっぱい。にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
d0114818_13593644.jpg

[PR]

by kemosabee | 2009-04-24 13:58 | あばら屋暮らし
2009年 04月 24日

お食事「くず」

獣医さんの待合室で読んだ「愛犬手作り食事」。

基本食材に「くず」がよいと書いてありました。

さっそく買ってきました。

「くず」は不思議。。商品は顆粒ですが、すぐに水に溶けます。

白濁した液体になります。加熱すると透明トロトロに変化。

さらに加熱するとゼリー状に、適当なところで止めないと

白くボロボロに変化します。。

さて、よく読まなかったので、どういう状態で、どういう風に与えたものか??

適当なトロトロ状態のものを、いつものヨーグルトたか海苔とかと混ぜました。

ハンクは初物好きですから食べましたが、便通は芳しくありません。

要研究ですな。にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ



d0114818_1038462.jpg

[PR]

by kemosabee | 2009-04-24 10:37
2009年 04月 23日

バナナじゃなくて芭蕉

ずっとバナナだと思い込んでいた芭蕉ですが、

すごい繁殖力で繁茂したためちょっと切り倒しました。

2週間経ちました。こんな感じで復活します。

バナナもこんな風に育ってくれるなら無尽蔵っていうか、、ね。
d0114818_16412787.jpg

[PR]

by kemosabee | 2009-04-23 16:41 | あばら屋暮らし