2009年 06月 13日

退職手続き

勤めていた会社を辞めたのは6年前です。

最終出勤日から退職手続きまで1年の空白期間がありました。

その間、髭も髪も延び放題、、、。

会社には服装、髪型等にとてもとても厳しい規定がありました。

髭はNG、髪は短く、襟にかかっちゃダメ、、、

手続き担当者に事前に問い合わせました。

「退職手続きの1日だけでも規定は適用されますか」

「はい、ルールはルール、その日までキモサベさんは社員ですから」

「そんな固い事言わないでさあ、、」

「キモサベさん、飛ぶ鳥後を濁さずって言いますからね」

「ふむ、、、」

さて、どうしよう。髪と髭にそれほどの未練は無かったのですが、

杓子定規な融通の利かない対応に、天の邪鬼なキモサベはちょっとカチン。。

手続き当日、朝から薬局、スーパーを廻り、行きつけの床屋へ。

「髪が見えないように編み込んで包帯で巻いて下さい」

「へっ??」

「かくかくしかじかで、、」

「わっかりやした」

夫婦で店をやってる床屋さん、二人掛かりで完璧に仕上げてくれました。

髭はマスクで隠し出勤。会う人会う人

「どっどっどうしたのキモサベさん!?!」

と目を丸くします。

「いやね、ちょっと休みの間にスキーの草レースに出てね、鉄柱にね、、」
  (結果としてウソをついてしまった皆さん、ごめんなさい)

と口からで出まかせを、、。

手続き無事終了、しゃれで包帯とって社内挨拶回りしようかとも思ったけど、

退職金減額されても悔しいので止めときました。

もう時効ではないかとカミングアウト、、でした。



そしてハンクですが、海に入るようになると抜け毛も増えます。

近くで見るとこの部屋はハンクの毛で覆われているのが分る。

掃除してますよ、、たまには。。
d0114818_1115473.jpg

[PR]

by kemosabee | 2009-06-13 11:18 | あばら屋暮らし


<< 砂      額 >>