湖畔に暮らすミュージシャンと愛犬ハンク/ターシャの日記

kemosabee.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 09日

ハンクの自由、キモサベの自由

 ハンクがいるが故にキモサベがやりたくてもできないこと。
これはいくつかあります。

 ちょっと2、3週間、ふらっと南カリフォルニアの友をたずねる、とか

 カウチでデレッとして、体に悪い物を食い散らかしながらビールを飲む、とか

 まあ、ちゃんとしつける等、工夫をすれば何とかなりそうなことですけど、、。
逆に考えれば、節度のある生活をする、浪費をしないなどなど、、
ハンクがお目付役をしてくれているとも言えます。
d0114818_12124757.jpg

 ひるがえってハンクはどうなんだろう。
キモサベがいるからやりたくてもできない事はないんだろうか。

 道に落ちてる物を片っ端から口にする、とか

 ベッドに乗る、とか、、

 こういう「いけない」で制している事は無数にありますが、そういうこと、
つまり、、ハンクが人間の社会の一部で、キモサベと不都合無く、健康に
暮らすためには芳しくない事とは別の、、

 生き別れた妹を探しに旅に出たい、とか

 自分の家族を持ちたい、とか、、

 そういうのはないのだろうか、、にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
[PR]

by kemosabee | 2008-11-09 12:14


<< 小松菜      ETC >>