湖畔に暮らすミュージシャンと愛犬ハンク/ターシャの日記

kemosabee.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 01日

犬の食事 温度

 一体ハンクの食事はどのくらいの温度が良いのだろう。。最近の課題です。書物等で紹介されていますが諸説紛々。。

 ここ2週間くらいは人肌で与えています。スキムミルクをちょっとさめたお湯で溶き、ドライフードと暖かいご飯にかけます。ハンクが食べる頃には35度程度まで冷めています。スキムミルクの臭いが強くなるためか、ハンクの食いつきも良くなりました。なによりもウンチの状態が理想的です。ほれぼれするようなヤツを出します。

 思うに祖先のオオカミは動物を狩り、体温の残る状態で食べた訳ですから、この程度の温度が適しているのかも知れません。自説です。にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
d0114818_11265634.jpg

[PR]

by kemosabee | 2008-10-01 11:27


<< ハーブ      大きなメガネ、ハンクは勝手にウンチ >>