2008年 09月 14日

お薬

 キモサベがガサゴソと袋から取り出したもの、包装を解き箱から取り出したもの、冷蔵庫や棚の上から出してきたもの、、ハンクは特別おいしい食べ物だと学習しています。
d0114818_11431579.jpg

 棚の上の「ハンク用品」の箱から、救急袋を取り出し,さらにそこから薬袋を探し出す。気配と音でとっくに気づいたハンクは、足下でキモサベの手元を見上げています。

 しめしめ、、。ハンクは与えた薬を2,3回かんで飲み込みます。世の中には薬を飲まない犬に、手を焼く飼い主もいるとか、。それに比べれば楽です、偉いぞハンク。

 、、、、と安心していました。ところが先日「とても苦いので猫の場合、ショック反応をすることがあります」のお薬、、ガリガリ、ゴックン、ヨーシイイ子ダ、のあと、数メートル移動したハンク、ゴロンと寝っ転がるとポロッと出しました。出した薬の上にアゴをのせ、そ知らぬ顔。。

 うーん、やるねえ、そしてため息。。にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
[PR]

by kemosabee | 2008-09-14 11:44


<< サーフィン大会      扇風機を回してくで >>