2008年 08月 20日

ハンク交友録「ガン君」 友遠方より犬ときたる

 会社時代の友人が遊びにきてくれました。会社は恐怖政治下、彼も不遇みたいだけど、そんな事は微塵も見せず、マイペース「プロブレムあってもノープロブレムでしょう、キモサベ」とあの頃のまま。
 あの時代、時として自暴自棄に走るキモサベに「キモサベ、飯食った?俺は帰るけどさあ、頑張るのもいいけどさあ、飯食わなきゃだめよ」と、暗闇から引き出してくれたチョッと別次元の男です。

 今回は美人の細君と愛犬ガン同行でした。日本テリア、イタリアングレーハウンドとか、ウイペットとかに似ています。結構神経質な犬種らしいのですが、飼い主に似てマイペース。
 ハンクは友達になりたくて寄って行くのですが、犬との付き合いが全くないガン君、ガウーーと鼻にしわを寄せ怒ります。

 「じゃあ帰るわ、また来るね」とあっさり唐突に帰って行きました。これもいつも通り。ハンクは淋しそうです。いつまでも車の後を目で追っています。クーンクーンと鼻を鳴らしています。
d0114818_13531251.jpg


 友人、万人受けするタイプでは全然ないけど、ハンクは大いに心惹かれたようです。

 気が合うねえ、ハンクブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]

by kemosabee | 2008-08-20 13:54 | あばら屋暮らし


<< 砂漠のバラ      心配 >>