2008年 08月 10日

バセットハウンドの臭い

 「洋犬は臭い」、一般的に言われています。バセットハウンドはその風体から特に臭いそうに見えるのか、よくたずねられます。「家の中で飼っていて、大丈夫なんですか、、そのお、、臭いとか、、」

 そんな時は「どうでしょう、この程度ですよ。嗅いでみて下さい」と答えます。人によりますが、「おお、この短足老け顔犬かわいいねえ、愛嬌あるし、吠えないし、いいねえ」と思う人はクンクン嗅ぎます。そして「うん、この程度なら、、」と認識を新たにしてくれます。そして次の質問「やっぱり毎日洗うんですか、、」

 「もう5ヶ月洗ってませんが、すみません、、」と答えると、「へー、そうなんですか」と希望の光を見いだしてくれます。

 そして、「飼い主の僕の方が臭いくらいかも知れませんよ、髪も一週間洗ってないし、、」と付け加えると、「、、、、、、」と固まってくれます。
d0114818_12432173.jpg[[「嗅覚世界第2位の僕が言うんだから間違いない、キモサベの方が僕より絶対臭い!」]]


 キモサベの子供の頃、動物園は獣臭、排泄物の臭い、腐敗した餌の臭い、、などが入り交じった、、臭いところでした。最近の動物園はそれほど臭いません。
 管理の問題なんだと思います。動物も環境も清潔に保つ努力、システムの問題です。
 犬も同じなのだと思います。犬そのものが臭い訳ではない。敷きっぱなしの毛布、食べ残してもそのままの餌、洗い残しのシャンプーによる皮膚病、、それらの相乗効果で、「犬の臭い」とされる悪臭になる。にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ

 まあ、それでももちろん無臭ではない訳で、やっぱり「犬、いいねえ」の気持ちが絶対条件ではあります。
[PR]

by kemosabee | 2008-08-10 12:46


<< 引き波      感情の起伏 >>