湖畔に暮らすミュージシャンと愛犬ハンク/ターシャの日記

kemosabee.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 24日

NHKラジオ第二放送

 最近、スバルサンバーで移動中はラジオ、NHK第二放送を聞いています。プログラムは外国語講座が6割くらいです。スペイン語、イタリア語、フランス語、ポルトガル語、ロシア語、中国語、ハングル、、全制覇を目論んでいる訳ではなく、教材の寸劇が結構面白い、楽しめます。

 外国語以外も笑えるものが多い。数日前「演歌と日本人」のような内容で、どこかの大学教授が話していました。「紅白歌合戦は日本人のマイルドな宗教観を反映している」「演歌の根底に流れるものは無情感である」みたいな取り留めのない、私感に基づくお話が続きました。

 そのうち唐突にセンマサオの「星影のワルツ」の話になりました。「ワルツ形式と御詠歌の融合」だとか、分かったような分からないような持論が展開され、、、
 「それじゃちょっと歌ってみましょうかねえ」と前置きがあり、先生ついに歌い始めました。無伴奏、キーの選択が高過ぎ、Bメロでは声が出ません。

 うーん、「私の下手な歌ではありましたが、、」と、ご自身分かっておられるようですが、、、自覚があっても、聞いてる方はチョット辛い。

 すこしばかりユルすぎる番組ではありますが、昨今の「なんでもかんでも芸人プログラム」に辟易の耳には新鮮ではあります。

過去ブログ目次です。日々整理更新中です。。
[PR]

by kemosabee | 2008-07-24 11:32 | あばら屋暮らし


<< 砂丘      住基カード、市民カード、タスポ... >>