湖畔に暮らすミュージシャンと愛犬ハンク/ターシャの日記

kemosabee.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 17日

散歩、しかし?

 「どんなに疲れていても、たとえ気乗りしなくても、わずかな時間しかなくても、ハンクの散歩は必ず行く。」ここのところのポリシーです。
 「獣医さん お泊まり」以来、少し懐疑的になっているハンク。信頼回復は毎日の散歩から、と言う訳です。

d0114818_1120175.jpg
 「散歩出発の儀式」を始めるとハンクは狂喜乱舞、、なのですが、だがしかし、一歩外へ出ると帰りたがります。さかんにキモサベを見上げ、目が合うとキモサベの行く手をふさぐぐ格好で回り込み、来た方向を向いて座りじっとその方向を見つめます。

 どうしたいんだ、ハンク?
[PR]

by KEMOSABEE | 2008-07-17 11:21


<< スライドショー      葬儀のその後とiTunes >>