湖畔に暮らすミュージシャンと愛犬ハンク/ターシャの日記

kemosabee.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 09日

バッドムード

父の葬儀の間、ハンクは獣医さんのところへお泊まりでした。2泊3日。

 迎えにいくとバッドムード、なにかふてくされています。「こんなところへ3日も置き去りにして、、グレてやる」というところでしょうか。

 獣医さんの話では、追い鳴きをしていたそうです。最近けっこう「勝手にして、僕は僕でやらせてもらうから」だったのですが、、。可哀相に近所迷惑を考え、トランキライザーを注射されたそうです。

 同宿の犬にいじめられたか、注射がヘタクソだったのか、、それとも、いつもと様子が違うキモサベを心配してくれたのか、、ともあれ可哀相な事をしました。

 帰って来てからと言うもの、一年半前に逆戻り。少し姿が見えなくてもピーピー情けない声を出します。長い不在となると大きな声で鳴きます。ちょっと困ったキモサベではあります。

 信頼回復に時間がかかりそうです。
[PR]

by kemosabee | 2008-07-09 10:35


<< ハンクの一週間      父逝く >>