湖畔に暮らすミュージシャンと愛犬ハンク/ターシャの日記

kemosabee.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 29日

#X コウモンノウ

d0114818_11503756.jpg ハンク君、肛門のうしぼりです。キモサベは未だ完璧に「しぼり技術」を習得していないので、百発百中とは行きません。

 ハンクも未熟な施術者に身を委ねるのは不安らしく、心配そうに体を硬直させます。

 「尻尾の根元を握り、前方に倒し、肛門を中心に4時/8時の位置、かなり深めのところのグリグリを上方、手前に絞り出す感じ」だそうですが、グリグリが実感できたりできなかったり、、。


 練習台に使われるハンクも良い迷惑です。かといって獣医さん任せも、諸々の事情により最善の策とは言えません。

 肛門のうに溜まる量も、時間に比例する訳ではなさそうなので、こまめに様子を見て対処してやらなくてはならないようです。となると、やはりキモサベがやってやるしかないか。
[PR]

by kemosabee | 2008-06-29 11:51


<< オオクボ鍋      梅雨の晴れ間 >>