2008年 06月 25日

鳥インフルエンザ

 どうなんでしょう、その後、鳥インフルエンザは。。報道も「養鶏場丸ごと汚染」となれば、うるさいくらい取り上げますが、沈静化すれば何事も無かったかのよう。

 「ますます感染力を強めた新型に変異」という怖い話も聞きます。飛騨牛の話も興味はあるけど、ランクが低い肉でも、名古屋の肉でも人は死なん。偽装はいけないけど、一日中報道するほどのネタじゃないだろう、と思う訳です。それより「怖い話のその後」をちゃんと調べて教えてくれないか、、と。

 海岸散歩の時、鳥の死骸は頻繁に見かけます。カラス、カモメ、千鳥、ハト、、。寿命、釣り針飲み込んだ、他の鳥にやられた、、死因は様々でしょうが、インフルエンザの心配はないのか、保健所に届けなくてもいいのか、どうなんだ。。
d0114818_10432871.jpg ハンクは鳥の死骸には興味津々です。当然と言えば当然です。クンクンやりにいきますが、キモサベが絶対阻止。しかし、犬に感染するのだろうか?
 最初はヒトには感染しないはずだったのに、あっという間に変異した恐ろしいヤツ、犬にだって感染するようにかわっても不思議はないからなあ。。
[PR]

by kemosabee | 2008-06-25 10:44 | あばら屋暮らし


<< 着生      家好き? >>