湖畔に暮らすミュージシャンと愛犬ハンク/ターシャの日記

kemosabee.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 05日

カルピスバター

 キモサベの住む界隈では一番大きなショッピングモール、ここに輸入食材を売る店があります。たまにメキシコ食材、ワイン、チョコレート等購入します。それからバターも。カルピスのやつ、値段はちょっと高いけど。

 普通のバターがスーパーの店頭から消えても、この店のカルピスバターはあったのに、このところいつ行ってもありません、。まあ、タイミングが悪いんだろう、そのうち遭遇することもあるだろう、どうしても食いたい訳でもないし、とゆったりかまえていました。ところが今日、ついに冷蔵ケースから、カルピスバター用のスペースがなくなっていました。

 「あのう、カルピスバターはやめちゃったんですか?」と店員さんにたずねました。「月に数本しか入らないので、予約のお客様にだけ販売している状況なんですよ、すみません、申し訳ございません」とセッション打ち切りたい感じの事務的なお返事。
 「そーれすか、それで、その予約するのには、、「ええ、ですから、入荷量が少ないので、お客様にはお待ち頂いている状況でして」明らかに予新たな約を受けたくないのがミエミエな感じ。
 「3ヶ月とか、半年とか待ちそうですか」店員さんを困らせるのも本意ではないが、キモサベの体も、もそろそろバターを要求しているので、ちょっと引き下がる訳にはいきません。
 彼女は上司とおぼしき若い店員さんをよびました。上司はバインダーを棚から引っ張り出し、ペラペラめくって調べると「エットー、現在2名様お待ちです。」なんだ、たいしたこと無いじゃないか。ではと「じゃあ3番目に入れて下さい」
 「でもいつになるか分かりませんよ」「いいですよ待ちますよ」と予約票に連絡先を書いて帰ってきました。

d0114818_11282896.jpg 帰り道、考えてみたのだが、多分パン屋さんとか、ケーキ屋さんが予約しているんだろうと思います。何本でもあるだけ買うというような予約なのでしょう。彼らは死活問題だからなあ、キモサベの禁断症状よりはるかに深刻だ。。もし、入荷のお知らせがあったら、その辺のところ聞いてみて、ことと次第によっては諦めるか、、。

まだ工事中ですが、過去ぶろぐの目次でございます
もし3/16以前のブログを見て下さるのでしたらこちら*Jens*からお願いします。
[PR]

by kemosabee | 2008-06-05 11:30 | あばら屋暮らし


<< ハンク 通院      セントハウンド >>