湖畔に暮らすミュージシャンと愛犬ハンク/ターシャの日記

kemosabee.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 30日

ブーゲンビリア 無念!

キモサベにしては「ちゃんと」手入れをしているブーゲンビリアの木、そろそろ1回目の開花です。今年は去年より10日くらい早い。想像するに、冬から春への気候の変化がはっきりしていた事が原因では、。
d0114818_11381255.jpg
 枝を少し伸ばし始め、葉の数が未だ少ないこの時期に、「枝の編み込み」をします。ブーゲンビリアの枝は1年に2、3メートルは伸びてしまいますから、放っておくと四方八方へ成長し、収拾がつかなくなります。もともと地面を這って大きくなる植物なので、人間の足の踏み場を確保するためにも、この作業は必要です。

 脚立に登って枝と枝を絡めます。張り出させたい部分が重力で垂れないように先端の枝を戻し、メインの幹から出ている枝と編みます。春先から目を付けていた3メートルはある太い枝、弓なりにしなわせて引っ張ったその瞬間、「ボキッ」、、、やってしまいました。根元から折ってしまいました。完全に木質化したと思っていましたが、未だ早すぎたようです。頭の中に描いていた構想が消えました。。

 意気消沈のキモサベが、樹高4メートルのブーゲンビリアを見上げながら、お贈りしました。そうぞよろしく。。

もし3/16以前のブログを見て下さるのでしたらこちらからお願いします。
[PR]

by kemosabee | 2008-04-30 11:41 | あばら屋暮らし


<< KidPix#3      KidPix#2 >>