2015年 01月 06日

ターシャの脱走//林業日記<山のお道具>

2014年も暮れようとしていた12月某日、ターシャが裏山に脱走しました。

自分でパーテーションを押し開き、

廃材を重ねた、高さ60センチの柵を乗り越え、

竹やぶを抜け、獣道をスタスタと。。


木々の合間に見え隠れするトライカラーの動く固まり、

八の字の軌跡を描いてうれしそうにフリフリの尻尾、

偶然ワイフが見かけ、すぐに捕獲にGO!!

数分後発見、事なきを得ました。
d0114818_12345545.jpg

全然関係ない写真ですが、最近こちらが油断すると

ターシャちゃん、ちょこんとテーブルに載ってます。

椅子からテーブルへピョンピョンと乗り移ります。

運動神経抜群(バセットにしては、、ですが)の彼女、

目が離せません。


、、と、それならそれで注意しろよ、と言う事なのですが、、

年がかわり、ターシャ2度目の脱走。

今回は知らぬ間に、、「あれ、ターシャは?」的状況。

パーテーションを見るとわずかな隙間があります。

キモサベ、マウンテンバイクで出動。。

大声で名前を呼びながら獣道をこけそうになりながら爆走。

ふと左側に気配を感じ視線を落とすと、

ターシャが喜色満尾でタッタカタッタカ走っています。

*タメイキ*

簡単に動かないパーテーション製作が急務だな。



林業日記<山のお道具#2>

山の懐に分けいり、杉の高みに登り枝打ちをする、、

林業のイメージですね。

でもOguri Arbor-Officeで受けるお仕事は、

もうちょっと市街地寄りのものが多く、

神社で楠大木の伐倒、一般住宅のの庭にそびえるケヤキの枝打ち、

時に川底の葦の刈り取り、、と多岐にわたります。

そして案外多いのが竹です。

お仕事の好き嫌いは言っちゃダメ、、なのですが、、

キモサベは竹の仕事が嫌いです。

何百本もの竹林、切るまでは良いのですが、

それからの処理がウンザリです。

トラックの荷台に積んで処理場へ運ぶ、

シュレッダーがあれば粉砕する。。

これ自体は黙々とやればいつかは終わるのですが、

そこまで運ぶのが、、ねー、、*****

嫌々やっているのを見て取った親方が、

「キモサベ君、これをあげよう」と渡してくれました。
d0114818_13201621.jpg

名前はわかりませんが「ヒモ」です。

適当な長さに切って使います。

使い方? 束ねるだけです。

だけ、なのですが「あるとないとでは大違い」に便利です。

なーんだ、それなら適当なロープで良いじゃん。とお思いかも知れません。

でもこれじゃなきゃダメなんです。

丈夫、滑らない、柔らかい、軽い、邪魔にならない、やたらと伸びない、

要件が程よいバランスで満たされている。

一度竹を束ねて担いでみれば分かります。

って、だれもやらないね。。

もともと植木屋さんの愛用お道具だそうです。

写真は新品の状態ですが、使い込むと細く、柔らかくなります。

一巻あれば一生分です。

ここまで読んでくれた人はいるだろうか??
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
世の流行ものの実に滑稽な事よ
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
後にその様自ら見れば
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
失笑禁じ得ぬは必至
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
股上10センチのズボンなど最たるものなり
[PR]

by kemosabee | 2015-01-06 13:46 | 愛犬ターシャとハンク


<< お正月      遅ればせながら >>