湖畔に暮らすミュージシャンと愛犬ハンク/ターシャの日記

kemosabee.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 16日

精神年齢 犬の? ヒトの?

ま、ワタクソのバヤイ、幼稚だ幼稚だと言われ続け人生の午後に入りました。

自らも分別とか「普通は」的なものには背を向け、それを賛辞と受け入れて来た訳です。

その路線に自信をなくすこともありますが、、今更違う方向に舵を切ることも、ねえ。。

それに似てか子らも幼稚です。

ハンクなど還暦を間近に控えているのに、

「ハンクゥ、おまえ、いつになったら大人になるのか」と心配になります。

「うちの子だもん、しょうがないよねー、ハンク↑」と

ワイフは皮肉ともとれる一言を、、、。

d0114818_10511435.jpg

d0114818_10513444.jpg

d0114818_1052738.jpg
d0114818_10515146.jpg

とは言えこうして子供をのせているシーンなど見ると、

ゆったり落ち着いた振る舞い、。

それなりか、、と思いますし、

同じことをターシャにさせるとその違いに、

オー、ハンクはたいしたもんだな、、、などと感じます。

でもね、観光牧場のポニーではないので、

大人しく子供を背中に乗せることはハンクの成長を計る尺度にはならない訳で。。

ヒトも大雑把な分別尺だけで計っちゃだめなのではないかと自己弁護するでR。

ムリ無理ですが。
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
[PR]

by kemosabee | 2014-08-16 11:16 | 愛犬ターシャとハンク


<< <動画>残酷、「猟犬ターシャ」...      絶対の信頼なのか? >>