2013年 08月 29日

偏屈チョロチョロ 野菜の味 いじめとか自殺

最近スーパーの野菜売り場で変わったこと。、

トマトの種類が増えました。

多いときにはミニトマトまで入れれば10種類以上。

で、お味は?

まあ、ドングリの背比べっちゅうか、ね、

味はボケボケですわ、、由緒正しいトマトの味はしません。

でもたまにミディサイズのやつで、

「おお!この方向で頑張ってほしいものだ」というやつが

ありますが、同じ商品を次に買っても、、、*ためいきの結果*


「栄養豊富なトマトを子供も(まあ、大人も)食べられる味にしましょ」

の大号令のもと、品種改良(まあ、改悪だけど)が進んだ。

これがキモサベが食べたいトマトが市場から消えた最大の理由だと思います。


でも疑わしいのがもひとつあります。

はい、農薬、化学肥料、。

だいたいだねえ人が食うもんを育てるのに石油使うって何?

っと思うんだけろ、、違う?

みんな同じ薬品使うから同じ味になる。

トマトさまが長年かけて完成の域に達したあの味も

薬品の暴力には勝てるはずもありません。


加えて防腐剤、防カビ剤、除草剤、、。

冷蔵庫の中で腐ったものありますか?

数年前は牛乳も、納豆も、野菜も、、

ちょっと油断すると腐った。カビが生えた。

最近見たのはみかんの青カビくらい。。


ま、ネット見れば皆心配しているんですよね。

こういうこと。

でも何も変わらない。

スーパーも沢山トマト置くなら、

「子供が食べられるトマトコーナー」と

「正しいトマト、お子様(とおこちゃま味覚の大人)はご遠慮下さいコーナー」を

作ったらどうだろう。


体内に蓄積される石油由来のもろもろ、

最近のモンスター子供や、ペアレンツとか、、

案外原因はコレじゃないのか?

なんちゅうか「生身」から「物化」みたいな。。


無知偏屈の思いつき記事ではあるが、

学校教育とか教育委員会やら、ゲームやら過激アニメとか。、

そう言う物に原因を探る前にお食事関係、、、どうでしょう?


ま、ワタクソがこういう稚拙な記事を書くのは、

過度の飲酒ってことですが、ねえ。。

「おい、酔っぱらい、じゃあ、お前は何なんだ」と問われれば、

、、、、、、


ミミズコンポストでもやってみようかな、、



もひとつだけ、いい?

だいたい犬のドライフード、

何ヶ月も腐らない、カビも生えない、、

どう思う?

栄養豊富で湿り気もあるのに、、。。

あり得ないのではないでしょうか??

一生蓄積し続ける彼らは大丈夫なんだろうか?

ま、そうは言ってもそこそこ長生きするんだから、、

メーカーは全て織り込み済みってことなんでしょうか??

分からん。。

にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
[PR]

by kemosabee | 2013-08-29 18:43 | あばら屋暮らし


<< <動画>魚に狂う二人      <冗長アゲイン//>季節移ろい... >>