2013年 08月 22日

<イヌネタ久々、でもオザナリ>ふたりの違い

d0114818_17375818.jpg

言うだけむなしい「暑い、熱い、酷暑い、異常暑い」。

キー局が報じる酷暑、都心感覚の文脈。

去年の夏までは「大変だねえ東京の人たちは、、」と、

ちょっと優越感っちゅうか、ね、僻地で暮らす数少ない優位性を

実感したりしていたんですけろ、、、、。。。。

今夏は逆転現象。 ゲリラ豪雨の映像を見ながら、

「ゲリラでもテロでも雨降ったらいいのにね、、」などと

不謹慎なことを口走っております。

この地、雨が降らない訳じゃないんだけろ、降るのは夜中。

朝からの強い日射しでモワーっと湿度が上がる。

目覚めから最悪です。絵に描いたような高温多湿!!!
-
-
-
毛皮をまとった我が家の宝物達、

ワタクソドモがこんなですから拷問的な熱さに違いありません。

キモサベが物干に海パンをとりに行く初期動作を見逃しません。

ターシャは、

「フー、さてさて、行きましょうかね」っとキモサベが、

椅子から立ち上がるやいなや、足下を離れません。

ハンクは、

目だけでキモサベの動きを追いながらも、

準備が整うまでじっとしています。

d0114818_1821961.jpg


波打ち際、

ターシャは水の恐怖があるものの、

キモサベが水に入れば後を追います。

ハンクは水の臭いをおもむろにかぎ、右前足を水にいれ水温を感じ、

お気に召さない場合は水に入るのを拒みます。

こうして見ると、

ハンクは実利主義、楽なこと、気持ちのいいことを求める。

ターシャは興味の通りに反応、ってな感じですが、

食べることに関してはハンクは報われない努力を厭いません、
-
-
-
「ハンクゥ、もうこの時間帯は何にももらえないんだよ、

いいかげんに覚えなよ」

d0114818_18234440.jpg


ターシャになんと言われてもハンクは「限りなくゼロに近いチャンス」も、

全力で追求します。

d0114818_18274479.jpg

ハンクがターシャの年齢だった頃は、、、?

覚えていませんが「食べ物への執着」は当時から強かったかなあ、、

まあ、いろんな面で、ハンクには厳しくしたから、

楽を求めても、食べ物にこだわっても、

オッケーだぞ、ハンク。。
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
084.gif
ABちゃん、いい演出家見つけたねえ。
でも、最近力つきた感じするよ。
[PR]

by kemosabee | 2013-08-22 18:41 | 愛犬ターシャとハンク


<< アウトドアキッチン      <引き続き冗長、犬写真に登場程... >>