2013年 08月 19日

<年寄りの病気話 犬なし 写真もなし 偏屈>リウマチってなんだ??!!??

ワタクソ、最近、、朝起きると手の指の第2間接が痛い、

特に中指と薬指、、、

曲げようとすると、もっと痛い。

たまたま中学の同級生とお話ししたときに、

彼女がリウマチに苦しんでいることを知った。

ワタクソが話した症状がリウマチくさい。。ということになり、

彼女の通う専門医を紹介してもらった。

んで、今日行ってきました。
-
-
-
まあ、結果は「リウマチではなさそうだ」ってことなんだけろ。。

「じゃあ、この痛みは何なんでしょう?」

「いや、指の関節が痛くなる病気は5万とありますから特定は検査しないと」

いっそリウマチで「この薬しかありません」の結果の方がよかった?

リウマチで苦しんでいる皆様には叱られるでしょうが、

そんなお診たてでした。
-
-
-
数年前まで「リウマチ」は自分の人生とは無縁のものでした。

すごく大切に思っていた天丼屋の女将さんが、

リウマチに苦しんでいるときいても、

「養生してください」くらい言って済ませるほどの認識しか

ありませんでした。ごめんなさい。

この痛みが続き、間接が変形してくる。。

「キモサベちゃん、わたしリウマチになっちゃって、辛いのよ」と

極楽とんぼにまで訴えた彼女はさぞや・・。。
-
-
-
結局、血液を採られ、数値的にリウマチの可能性を探ってみましょう。

ということで帰ってきましたが。

ワタクソ的にすっきり感はありません。

医者とはそんなもんです。
-
-
-
今日の先生は「患者の側にたった医療」を標榜するだけあって、

「先生、どうせ血液採るなら、中性脂肪とかもお願いします」と、

キモサベが要求する患者に転じてもいやな顔一つせず、

「そうですね、痛い思いは一回で済ませた方がいいですからねえ」

と快く応じてくれました。
-
-
-
「リウマチ以外の指関節の痛みで考えられる代表的な病気はコレコレコレです、

そのうち内で分かるのはコレです、検査の結果それ以外の可能性のある時は

ココへ言ってください」くらいのこと言ってくれれば、

キモサベも「はい、スーーッ」っとなるんだけろねえ。
-
-
-
しかしなあ、医学は長足の進歩をとげているというが、

リウマチも膠原病も、

「原因はよく分かんないンですよねえ」なのら。

みんな頑張ってくれてるんだろうけろ。。。

おそまつだよな。
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
[PR]

by kemosabee | 2013-08-19 17:56 | あばら屋暮らし


<< <ますます冗長 犬少々>世代 ...      <冗長の極み、でも犬あり>カラ... >>