湖畔に暮らすミュージシャンと愛犬ハンク/ターシャの日記

kemosabee.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 23日

ターシャ術後1週間

d0114818_18101880.jpg


写真は4日目、の縫合跡です。

執刀医はひと呼んで「縫合のアーティスト」。

長い切開跡はツレや偏りがなく、均等なステッチが奇麗です。

ターシャも、さすがに退院した日は、ちょっと違和感があるのか、

後ろ足の動き幅がコンパクトになっていましたが、

翌日目覚めてからはいつもどおり、大股でドタドタと歩いてました。


キモサベも外科手術をするなら、この先生にお願いしたいものです。

まあ、獣医さんですから無理ですが、。

外科医はクリエイティビティーとか美意識とか、こだわりとか、、

そういうお医者さんと関係なさそうな要素を強く求められるジャンルだと

思います。

無けりゃ無いですんでしまうけろ。。
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
[PR]

by kemosabee | 2013-03-23 10:50 | 愛犬ターシャとハンク


<< ターシャの性格      ターシャちゃん退院 >>