2013年 02月 02日

ハンク、ひょっとしてお前、、

d0114818_1729252.jpg

この後急な上り坂です。

勾配を感じるとハンクはキモサベの前に回り込み、

前進を阻止します。

「ハンク、お前最近運動不足だから坂頑張って登れ」と

強行前進をしようとすると、

後ろ足立ちになり「だめ、絶対だめ」と訴えます。


「ハンクや、おぬし、そこまでするには

さぞや切羽詰まった訳があるに違いない、

申してみよ」


「はっ、恐れながら拙者も若くはありませぬゆえ、この坂は

いささか身に応えまする」か?


「拙者、マリーナ様のご機嫌伺いはこの命に代えてでも、、」なのか?


「母上の身に一大事、キモサベちゃん、城へお戻りくださいませ」?


毎日のことなのですがキモサベは悪い方向に考え、

「心得た、ハンク、城へ急ぐぞ」っと踵を返すのです。

なんかハンクの真剣そのものの表情を見ると、

「主の急を知らせる忠犬」に見えてしまいます。


まあ、しかし、ね、

一旦下り始めれば確たる意思があった訳ではないハンク、

d0114818_18112329.jpg


「キモサベちゃん、おぬしも未だまだじゃのう、甘いわ、ふっふっふっ」

ちゅう感じ。

「キモサベちゃん、良きに計らえ」とひょうひょう。。


d0114818_18154051.jpg



キモサベさん、なにもそこまで悪意の解釈しなくても、、

とお思いになるかもしれません。


しかし、

「わたしの時は喜々として坂登るよ」なんて話聞くと、


ねえ、やっぱ、ねえ。
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村

[PR]

by kemosabee | 2013-02-02 18:30 | 愛犬ターシャとハンク


<< 満天の星、ワンヒットワンダー、...      レスリング >>