湖畔に暮らすミュージシャンと愛犬ハンク/ターシャの日記

kemosabee.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 23日

ターシャとキモサベの関係

「恋人同士みたい」っとワイフは言います。

まあ、ターシャは可愛いとは思いますが、、

むしろそこにあるのは同情、哀れみ、、と言った気持ち。

ワイフの愛情はともするとハンクに注がれがち、

と、キモサベはバランス的にターシャチャンを、、

誤解なきよう申し添えれば、ワイフがターシャを冷遇する訳でもなく

今も来客に「ジャネット・リン」の説明をするのに、

「どちらかと言うと愛くるしいタイプ、ターシャみたいに」

などと言ってます。
d0114818_21585927.jpg
d0114818_21583483.jpg


朝の散歩で出会うご近所の犬連れおばちゃん、

「犬は孫のように可愛い」と言います。

子供と違い無条件に、無責任に可愛い、という意味でしょうか?

孫はもとより子供を持ったこともないキモサベには、

真意は計りがたい。
d0114818_2231758.jpg

d0114818_2234363.jpg

でも、なんとなーく分かるような気はします。

ハンクはキモサベにとっては子供、

ターシャは孫、、って感じかな。

ハンクはしつけもちゃんとしなきゃ、

社会性も身につけなくては、と

結果は別として結構神経使いました。

d0114818_2231758.jpg


ターシャは、、

「まあいいね、元気ならな、気だてがよけりゃいいよ」と

良く言えばおおらかに育てました。

d0114818_2234363.jpg


ターシャもそれを感じてかキモサベとの接し方も、

「じいちゃん、じいちゃん遊んで、遊んで」とそばに来たかと思えば、

「あ、ハンク、ハンクぅ、どこ行くの、ワタシも、わたしも」とすっ飛んで行ってしまう。

フーっ、「それもよし、元気が一番」とパソコンに向かうと、

「じーちゃぁん、聞いて聞いて」とメランコリックな感じで、

すり寄り上目遣いに訴える。

「おーおー、そうかそうか」とキモサベ。。

まあ、じいちゃんだね。

にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
[PR]

by kemosabee | 2012-11-23 20:08 | 愛犬ターシャとハンク


<< ハンク      砂丘が一番、 >>