湖畔に暮らすミュージシャンと愛犬ハンク/ターシャの日記

kemosabee.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 03日

バセットが一杯に行ってきました

人間、例えば、会社勤めなどしていると、

派閥などという「生もの」のどれにどう組するかを問われ、試され続ける。

嫉妬深いあか抜けない社長だなあ、なんて言っていても、

クリエイティブなお仕事するには、うーん残念、センスないね、ハイエナだし、

そこまで言っていても、自分の進退ちらつかされればすりよる。

潔く、僕ちゃん関係ないもんね、、などと言っていると、

居場所もなくなる。

PTAとかマンションの自治会とかでも、

規模とか残酷さ加減は違うものの、そういうの存在するね。

だいたいが小学生の間でもあるらしいね、そういうの。

d0114818_19562220.jpg

まあ、なんか変な書き出しになっちゃってごめんなさい。

あまりにも回りくどかったことをお詫びします。

今日の主題は、そういう人類の末期症状とは、

むしろ古典的症状かもしれませんが、

とにかくそう言う物の対局にあるお話。


ただただバセットハウンドという一犬種を愛する人たちが

何の利害関係もなく集う。

主義主張、宗教、ポリシー、派閥、関係なく、

自分の子も、人の子も、、隔てなく可愛がる、愛でる、、。

平和な優しい純粋な崇高なお話であります。

d0114818_20251733.jpg

集いにお誘いいただいたのは、

キモサベ夫婦がいつもブログを拝見し、

「なんかいいよね、この人のブログ」「そうだね」

「キモサベみたいな『こざかしさ』ないよね」「ん、ん、うん、そうだね」

、、と話していた、その方でした。

初めてお目にかかったその方は、

まさに天使の笑顔。

旦那様もお嬢様も、

「良くは知らないけど’彼が言うなら'そうなんでしょう」」

「この子のためならね」

っと思わされる存在でした。
d0114818_2052812.jpg
d0114818_20504280.jpg
d0114818_20501666.jpg

この単純な純粋な動機の集い、

もっともっと仲間が増えるといいですね。

「人間群れるとちからくらべを始める」

こういうこととは、

こういう生臭いこととは無縁な集いですからね。
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
[PR]

by kemosabee | 2012-11-03 21:06 | 愛犬ターシャとハンク


<< そろそろストーブ焚こうかな      久しぶりに二人のこと >>