湖畔に暮らすミュージシャンと愛犬ハンク/ターシャの日記

kemosabee.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 26日

台風の報告#4 陸の孤島6日目 強行突破



獣医さんから電話があり「アレルゲン検査」の結果が出たので、

来院されたしということでした。

電話+郵送で済む用件、遠方足を運べということは、、

「何か問題ありましたか?」

「ちょっと気になることもあるので詳しく説明したいです」

「郵送してもらうじゃだめですか、道路寸断してて動けないので」

「やはり直接お話しした方が良いので」


キモサベあばら屋アクセス道路よりも深刻な被害箇所が多いのか、

いっこうに行政の作業が始まる様子はありません。

陸の孤島状態は続いています。


しかたがない行くか、スバルサンバーにターシャを乗せ、

右左ハンドルをとられながら決死の覚悟で瓦礫の山を進みます。

優れた4輪駆動とはいうものの40㎝以上積もった貝殻牡蠣殻、

腹をすりながらギクシャク、ヨタヨタ、、何回もスタック寸前に。。

なんとか脱出成功。。タイヤ替えといてホントに良かった。


台風など無かったかの様な平穏な町なかの獣医さんに到着。

「これが検査の結果なんですが」

ペラペラのB5の紙切れ、(むむ、これに4万円かよ)

牛肉オッケー、鶏肉オッケー、ナマズオッケー??

「で、問題とは」

「いえ、特に問題はないですよ」

電話の担当医はお休みで、別の先生。

もしかして話を聞いてないのかな、

「なにか隠れた問題点とか、、」

「いえいえ、大丈夫ですよ」

拍子抜けです。「なら、遠い所呼びつけるんじゃねえよ!!」

っと言いたい所ですが、

「心の広い人になるぞプロジェクト」実行中のキモサベ、じっとこらえ、

せっかくだからアレルギーについての日頃の疑問を獣医さんにぶつけ、

予想通り「そんな事は誰でも知っとるわい」のお返事をいただき、

帰路につきました。


ターシャはサンバーの荷台に載せられるのは初めてです。

往路はギャウオン、クーンとうるさかったのですが、

帰りは静かに大人しくドナドナでした。

考えてみるとターシャを連れて行く必要すらなかったかな。。
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
[PR]

by kemosabee | 2012-06-26 11:27 | あばら屋暮らし


<< 我が家の幸せ=二人のウンチ      台風の報告#3、あばら屋アップデート >>