2012年 04月 13日

お注射、採血 獣医さん

本日ふたりは獣医さんで健康診断。

まあ、ライトバージョンっちゅうか、問診、触診、便/しっこ検査

そして、、血液検査、、つまり採血です。

今日うかがったのは個人の医院。

先生は「もうちょっとだハンク」「ターシャちゃん痛くないよお」と

声をかけながら指先で血管を探り、手際良く注射器に十分な量を採ります。

何度となく繰り返した熟練のワザです
d0114818_17245134.jpg


実はごく最近別のお医者さん(何人も先生がいるデッカいところ)で

採血をしました。

登場した先生は見習いのころから知っている人。

よりによって、、、。何人もいる先生の中で。。。

「大丈夫か?」と不安にさせる先生。

でもあれから何年も経ち、今では見習いの指導をするお立場、

きっとあの頃とは別人のように成長したに違いありません。


ところが、、

あれから何回採血をしたのか、何十回も、何百回も練習してきたんじゃないのか。

それも生身の患者犬をつかって。

ヘタクソ!!ドジ!!

最初に台に載ったハンクは何度も刺し直されたあげく、

血のないところに強引に陰圧をかけられ、

苦痛の声を漏らします。初めてです。


腕が悪いだけなら千歩譲ってしかたがない。

先生は診察台の高さ、犬の位置の調整、消毒、

何もしないうちに注射器のキャップを外した。

それからモロモロやり始めたので邪魔になった注射器を棚の上、

最期は診察台の上に直接置いた。

感染したらどうしてくれる、

ハンクが針を踏んだらどうしてくれる。



<業務連絡>タバサのお母様へここの左下に「キモサベにメール」があります。
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村

<業務連絡>タバサのお母様へここの左下に「キモサベにメール」があります。


とりあえず空メールを下さいませ。
[PR]

by kemosabee | 2012-04-13 17:30 | 愛犬ターシャとハンク


<< ブラッシング      写真:仲良し/文章:鹿肉料理 >>