2012年 01月 28日

ログハウス セトリング settle down

カントリー・ソングの歌詞によくある settle down という表現、

放浪の末に山小屋とか農場に帰り落ち着く、妻をめとり腰を落ち着ける、

という感じで使われています。年貢を納めるっちゅう極解もありかと。


ログハウスの settle down (セトリング)はちょっとやっかいです。

丸太を積み重ねて作るログハウス、建築後その丸太がドンドン痩せます。

木が乾燥して縮み、さらに上に積まれた丸太の重量で圧縮され、細くなります。

その結果家全体が低くなります。

木の住宅、在来工法、2X4、いろいろあります。

これらは基本的に縦方向の木は、柱として使われます。

もちろん縦方向にも木は縮みますが、度合いは小さく家の高さは、

1本の縮み分だけが反映されます。

キモサベあばら屋は3〜40センチの丸太9本が積み重ねられています。

1本が5ミリ縮んでも全体では4.5センチ低くなります。

程度は建築時の乾燥度合い、木の性質、気候条件、冷暖房の使用状況、、

様々な要件で大きく変わるのだと思いますが、

家が5センチ低くなると考えると、「おお!そりゃ大事だ」って思いませんか?


厄介なのは「縮まない部分もある」ということです。

ドア、窓等の建具は完全に乾いた木材で組むし、縦方向に材を重ねません。

ましてアルミサッシとなると。。

ログハウスのデザインによっては南側に大きな開口部を作ります。

積み重ねを使わず、柱のみで大きなガラス窓と掃き出しガラスドアを作る。

これらは縮まない部分です。

回りの壁は5センチも低くなるのに、ここはそのまま。。
d0114818_18385314.jpg

この写真ですけろ、、

右側ピンクの→、ドアの「当たり」、下端は床面に接しています。

左黄色の→はログ、下から4段目、ドンドン下がります。

しんちゅうの釘の頭と、打ち込まれた位置を指しています。

その差、3.7センチメートル!!!!!

しかも、築12年目に位置合わせを行ってゼロに戻してから、

6年目でこれです。

ものの本によるとセトリングは3〜5年で落ち着くと言われていますが、

我が家には当てはまりません。


そして、放置するわけにはいかないので、

可愛く言えばモンチッチヘア、クラシックな表現ではオオトリケースケ風の

キモサベがハンク監督、ターシャ見習いの見守る中、柱を下げます。
d0114818_19331381.jpg

d0114818_19333182.jpg

柱と基礎部分の間に据え付けられたジャッキを少しずつ回します。

下げすぎればガラスがパキンと割れます。

今日は1回転だけ、、。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
[PR]

by kemosabee | 2012-01-28 18:39 | あばら屋暮らし


<< ワタクシ、遅ればせなから、、、w      灯、対岸、ロマンス、結婚記念日 >>