2012年 01月 12日

リバーサイド・ファーム・ヨリタ

ちょっと足をのばして新城市の「リバーサイド・ファーム・ヨリタ」へ行ってきました。

ここはドッグランですが、「ドッグランもある素敵なところ」、と言うのが、

一番言い当てているように思います。

その名の通り川沿いに広がる4000坪のガーデン、

カフェ、川沿いにはり出したウッドデッキ、陶芸小屋、バーベキューガーデン、ドッグラン、

そしてブルーベリー畑、これが本業と言えば本業らしいです。


夏に向け川沿いの施設の拡張中です。夢広がる計画の数々。

キモサベ興味津々なのはツリーハウスです。

根元の周囲が3メートルくらいある樫の木に作るそうです。

ディズニーランドのツリーハウスはキモサベ大のお気に入りで。

「いつかはこんなの作りたいなあ、、でもこんな太い木ないしなあ、、」

と白昼夢のなかであれこれと、、。

まあ、そこまでじゃないけど、ヨリタの太い木、、かなりですよん。

それにあちらは鉄とプラスチック製、やっぱ生にはかないません。

3層くらいの小屋を掛けて、複雑な通路を巡らせば日本一のツリーハウスに

なることでしょう。手前のウッドデッキからも空中通路を渡せば言う事無し。

今から楽しみでワクワクします。


まあそれはそれとしてハンクとターシャです。

走りましたよ。ってドッグランですから当たり前なのですが、

うちの子はどうもドッグランの遊び方が分らないらしく、全然走りません、いつもは。

海岸ではダーッっと全力疾走するのですが、さあ走れと大枚投じた商業ドッグランでは

全然走ってくれないのです。ところがヨリタでは走るんです。

多分、想像ですが、ここは野性が存在するからではと、、。

タヌキやらイノシシやら、、野性じゃないけどヨリタさんちの猫とか、

彼らの残した臭いやらウンチやらオシッコやらが「ハンクこっちこっち」

「たーしゃ、わしの臭いはどや」とあちこちから誘うんじゃないかと思います。
d0114818_18175136.jpg

d0114818_1818221.jpg

d0114818_18191151.jpg

d0114818_18184885.jpg

d0114818_18194270.jpg

d0114818_1942189.jpg


ここの経営者ご夫妻、キモサベは「ぜひお友達になりたい」お二人です。

人生のお手本としたいお二人です。

一言で言えば「おおらかな夢」を感じます。

窮屈な自然崇拝とか、判で押したような癒しとか、、そんなんじゃない、

人格に根ざした創作物がある場所、ヨリタはそんな場所だと思う。


ここにもありました薪ストーブ、ホームセンターで売ってるやつです。

薪は針葉樹だろうがなんだろうが関係ないねって感じです。

そう、ストーブは暖かければ良いんです。

煙突も英国製のナンチャラじゃありません。

良いんです。ダメになれば取り替えれば。

これ、ひとつの行き方ですね。
d0114818_18371353.jpg

安いストーブ、安い煙突、入手容易な針葉樹薪。煙突は消耗品。。

メンテナンスをマメにやれば問題ナス、だな、。

で、キモサベ夫婦は美味しいコーヒーと美味しいケーキをいただき、

ハンク達は猫ちゃんの気配にクンクンして、、おいとましました。

今度は5月に行ってみようかな、色々完成しているだろうし。。

大いに楽しみ。
d0114818_1914969.jpg

d0114818_1921736.jpg

散漫でごめんなさいませ。
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
[PR]

by kemosabee | 2012-01-12 19:09 | 愛犬ターシャとハンク


<< ダイソンはどうなのか      速報、ハンクとターシャ >>