2011年 11月 02日

キモサベある意味敗北、薪割り機搬入

冷蔵庫に続き薪割り機納入です。
d0114818_2025245.jpg

d0114818_203117.jpg

エンジンで油圧ピストンを伸ばして薪を割る機械です。

キモサベ的にこの手のものを買うのは10年先だと決めていました。

しかし、肘トラブル、テニス肘が一向に治る気配がなく、

斧を振って薪を割る事ができません。

いくつになっても薪は斧で割る、、ポリシーと決めていましたが、

このままでは来年の薪を作る事ができません。

悩みに悩んで、ワイフの許可ももらい、購入と相成りました。
d0114818_2091340.jpg

遠路はるばる運んでくれたDLDの担当Yさん。

取り扱い注意点を説明しながらハンクを可愛がってくれます。

ストーブとか薪割り機とか、、特殊性の強い、趣味性の高い商品ほど、

営業担当の人間性が大きくものを言います。

もしY氏でなかったら、

今回、このタイミングでの購入はなかったと思います。

一生お付き合いしたいね。と思わせる実直で穏やかなお人柄。



さて試し割りです。一見肘が痛くても右腕一本で割れそうな薪ですが、

大きくよじれたクスノキ、これが割れればオッケーと決めておいたヤツを

最初のテスト薪にしました。

ガッガッガッガ、、メキメキ、、メキ、、なんとか割れました。
d0114818_7452898.jpg

d0114818_74612.jpg

d0114818_7463920.jpg

d0114818_7471534.jpg

d0114818_7474344.jpg

さらに素性の悪いネジレよじれ+節のやつ、クサビをあてる場所を工夫すれば

なんとか行けます。思ったよりパワフルです。

まあ、これで割れなきゃチェーンソーで縦挽き。

これもちょっと屈辱的な感じがするけど、、、。

薪割り機導入の時点で「自ら老いを認めた感」がある訳で、

その一線を越えたらあとはいっしょ。

「薪割り」に特別な意味をまたせず、充実感、達成感などなど期待しない事にします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
[PR]

by kemosabee | 2011-11-02 08:06 | あばら屋暮らし


<< ワイフの髪切ったぞ      冷蔵庫来ました。来たんですが、、 >>