湖畔に暮らすミュージシャンと愛犬ハンク/ターシャの日記

kemosabee.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 08日

薪の乾燥#4(一年経過) / ハンク重宝犬

昨年の11月10日に始めた薪の乾燥実験、気がついたら1年経過です。

正直に申し上げて、、、最近忘れてました。

昨日、何気なくデッキに出て、テーブルの上にポツネンとおかれたテストピース発見。

#3(記事の下の方です)に今年の4月までの経緯を記してあります。ご参照頂ければさいわい。

で、計測の結果535グラム!!!です。

当初の半分以下になった訳です。重量比では少なくとも50%強の水分を含んでいて、

1年でそれが蒸発した訳です。見てくれも「枯れました」っちゅう感じ
d0114818_11411745.jpg

ものの本によると、水分は生木で30〜40%とあるが、

アカシヤは特に水分が多いのだろうか。。

簡易含水量計測定結果は6〜8パーセント、

これは家のログ(Wレッドシダー20年+)と

同じ程度の数値だから、環境における乾燥限界と思えます。

ある程度の水分は当然残っているが、後半年このままにしておいても、

おそらくこれ以上は乾燥しないような気がします。

限界乾燥には1年半と言われていますが、薪の太さ、長さ、形状も

無視できない要件だと思います。30㎝径4つ割りだったら、

こんなには乾かないでしょう。

一応あと半年実験をつづけてみませり。


そして我が家のハンクですが、寒さとヤツの人気は比例します。

湯たんぽ替わりにヒッパリダコ。

進んでキモサベのところには来ないので、無理矢理布団にいれ、

拘束します。
d0114818_120897.jpg

にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ハンクの仲間ブログ
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



[PR]

by kemosabee | 2010-11-08 12:01 | あばら屋暮らし


<< ハンク いけない! 食うな!!      ハンクのおやつ、手作りジャーキー >>