湖畔に暮らすミュージシャンと愛犬ハンク/ターシャの日記

kemosabee.exblog.jp
ブログトップ
2010年 04月 15日

ハンク交友録「ライト君とガン君」#2

2日目の朝、ハンクは階段下の気配に落ち着きません。

お泊まり頂いた事務所兼スタジオから

時々ライト君の鳴き声も聞こえます。

ハンクは階段上に伏せて、上がって来るのを待っています。

d0114818_1161116.jpg


吠えられても、威嚇でパクッとされても、犬同士がいいのかな。。

やがてご一行様が上がってきました。

ライト君、ガン君、朝からハイテンション、元気です。

早速朝のお食事。。

d0114818_1185475.jpg


したく中からピョンピョンジャンプして催促、

ガン君の跳躍力はすごい、鉛筆のように細い足ですが

体高の4、5倍はジャンプします。

d0114818_1112134.jpg


d0114818_11122523.jpg


イザ食べ始めると一心不乱、すごい勢いです。

ドライのままガリゴリ、ザクザクと、、あっという間に完食。

ハンクは呆然と見つめていました。

まあ、しかし、、ハンクもこういう風に食べてくれると嬉しいんだが。。。

d0114818_11221593.jpg


さて、お食事もおわりリラックスタイム、

ガン君は昨日ライト君がハンクから取り上げた丸ベッドで、、

ライト君はもう一つの角ベッドで思い思いの休憩。。

d0114818_11243574.jpg


ハンクはというと、

吠えられるといったん退散、頃合いを見て再度接近、、

最後まで友情を確かめ合うには至りませんでした。。

「ハンク、今度は夏だ、また来てくれるそうだから、その時にな」

にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
[PR]

by kemosabee | 2010-04-15 11:27


<< こう冷えると薪不足      ハンク交友録「ビーグル ライト... >>