湖畔に暮らすミュージシャンと愛犬ハンク/ターシャの日記

kemosabee.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 18日

脳溢血 脳梗塞 脳障害、ワタクソの場合(前編)

「脳溢血、ちゃんと書きます」

 脳溢血体験を綴った過去の記事を読んで頂いた方から「まとめたらいいのに」にご助言頂きました。偶然その方は同じ会社に勤めていた方です。顔と名前はお互い知っていましたが、話した事はありません。彼の弟さんが同じ病気を患い、ネットで脳溢血関係の情報収集していて偶然ワタクソの記事を発見して頂きました。ん?ひょっとしてキモサベさんでは、と連絡をいただいた次第です。
 「こう言う情報欲しい人はのんきにしていられないから、まとめて書いたら喜ばれますよ」との助言を頂き、三日三晩悩んだ末こういう形にしました。冗長な記事故、これでものんきにしていられない方にはもどかしいと思います。数回読み返しリライトを試みましたが思うにまかせず、殆ど原文のままです。

文字数の制約から2つの記事に分割しています こちらが前編です。

序章
**********
 最近ある方から「おまえの脳溢血の話、きちんと書いた方がいいぞ」と言われました。このブログにキモサベの患った病気の話を、しっかりと経験談として書け、それは義務だ、おちゃらけずに書け。というご意見、というよりご指導でした。これまでに何回か書きました。しかし、「しっかりと、きちんと」ではなかった。
 同じ話を何回も書くのも気が引ける、思い出したい素敵な体験ではないし、それに医学的な裏付けがある訳ではない、ちょっと荒唐無稽な話でもある、犬ブログだし、、こんな思いがキモサベをこの主題から遠ざけていました。たまに触れても、ちょっと斜めになりがちでした。しかし、「義務」と言われては、、。

 もしも、違う経緯をたどっていたら、、医療機関、ドクター、家族、友人、自身の性格、様々な偶然、ひとつでも欠けていたら、組み合わせが違っていたら、、結果も違っていたでしょう。キモサベの辿った経緯は、キモサベの運命です。良い結果に繋がる運命でした。その運命を決める要素の中には「分かっていれば最初からそうできる」ものも沢山あります。それをこのブログに記す事が、ある方曰くの「義務」を果たすことになるのでしょうか。

 キモサベの体験の中で是非皆さんにきいて頂きたい事、その一「予防」、その二「病院/ドクターの選択」、その三「リハビリの方法」の三点です。一患者の立場で、常識、慣例、迷信にとらわれず、書かせて頂く事にします。ちょっと時間を下さい。
**********

「予兆」///キモサベはショービジネスの仕事をしていました。
 19XX年7月25日、その日は担当していたイベントの本番、7日間、ろくに寝ていない日が続いていた。最後の二日間は殆ど徹夜。しかし、体力には妙な自身があり、自覚できる症状もないままイベントは無事終了。
 後始末を終え夜7時、親しい友人の結婚披露パーティーに出かけた。会場ではビールなどをプハーッといただき、幸せなお二人とドモドモと歓談し、楽しいひと時を過ごした。そしてそのあと知人と待ち合わせ、キモサベの運転する車で山中湖へ向かった。
 10時、中央自動車道にのり快調に西へ向かった。東富士五湖道路に入った頃、ちょっと寒くなり知人にエアコンを切ってもよいかと尋ねた。エアコンを切ってもなお寒かったが、さすがにヒーターまでは頼めずそのまま運転を続けた。ほどなく猛烈な眠気に襲われた。睡眠時間を考えれば無理も無いことと思い、残り僅かな道のりを急いだ。
 「キモサベさん、起きて!」知人の声で目が覚めた。ハンドルを握りながら完全に寝ていた。この先の記憶は定かでない。知人後日談によると、寝ては起こすを何回も繰り返したそうだ。その寝方も尋常でなく、起きているかと思うと突然ガクッと首が折れ、いきなりいびきをかく、という状態だったようだ。
 「キモサベさん、着きましたよ、起きて下さい」車はコテージの前に停まっていた。知人が運転を代わってくれたようだ。眠気もおさまり、コテージで待っていた先着隊と合流、先ずはビールで乾杯、しばし談笑の後午前一時就寝。この時キモサベの頭蓋骨の中では異変が起きていたのだと思う。


「カウントダウン」///今回の山中湖行きの目的は水上スキーです。キモサベは学生の頃、芦ノ湖で友人の経営する水上スキースクールを手伝っていました。生徒さんの講習の合間にちょこちょこ練習をさせてもらい、最後はインストラクターの資格を取りました。大好きなスポーツです。ハードで危険ではありますが、水の上を滑る非日常的体験、そのそう快さは筆舌に尽くしがたい。
**********
 コテージの朝7時、木漏れ日、鳥のさえずり、いい感じ。しかしキモサベの目覚めは芳しくなく「もっと寝むりたーい」。でも今日は水上スキーだ、ワクワク。もたもたしている訳には行かない。まだ寝ている体にむち打って支度、ワイワイガヤガヤと出発。途中ファミリーレストランで朝食、普通に食欲もあり「卵、ベーコン、サラダの朝食」を完食。
 スクールに到着、我々の他に2グループ、既にボートで湖上にでている。粗末なクラブハウスで順番待ち。キモサベやがて熟睡。
 「キモサベさーん!! 4人でどうぞ」スクールインストラクターの声で目が覚めた。委細構わずいきなり戦闘モード、さあ、滑るぞ。仲間三人とボートに乗り込む。湖面はさざ波程度、よしよしいいぞ。一番手はキモサベだ。
 ウエットスーツのジッパーを上げ、ライフジャケットを着込み、握力を補う専用の手袋をはめ、コネリー製の板をはき、ザブーン!船尾から湖へダイブイン。皮膚とウエットスーツの隙間に水が入って来る、もうすぐ盛夏だというのにまだ冷たい。ボートは微速で遠ざかりる。座席の真ん中に立てられたポールに繋がれたロープは、キモサベの手にしたグリップとの間でたるみがなくなり、水面から水しぶきをあげて飛び出し、ピーンと張った。
 「お願いしまーす!!」キモサベの大声を合図に、ボートは全力でスタートした。キモサベは猛烈な力で引かれた。

発病までまもなく、、。


「異変」///水上スキー、モーターボートに引っ張られて水面を滑走するスポーツの総称です。一本の板で水面に設置したブイを蛇行してクリアしていく「スラローム」、2枚の大きな板をはき、台をつかってジャンプして飛距離を争う「ジャンプ」、一枚、または2枚の小さな板を使って技を競う「トリック」の三種類の種目があります。そして近年「ウエイク(ボートの引き波)ボード」という横乗り系の種目が誕生し人気があります。これはその名の通り、引き波を使ってのジャンプ等アクロバティックな技を競うものです。キモサベはスラローム、ウエイクボードをやります。
**********
ボートのスピードが乗ったところでグイッと前の足に体重を乗せると、キモサベの体はヌルッと水面に出た。この瞬間がたまらない、纏わりつく不浄なものを払い落とし、下界から一気に天空に舞い上がったような特別な爽快感だ。親指を立て合図を送るとボートはスピードを上げる。水面は潤滑油を敷いたタイルのように変化する。
 思い切り体を傾け、ボートの引き波をエッジで切りながら、大きく進行方向と直角方向へ出る。すぐさまエッジを切り替える、スキーは大きな水のカーテンを創りながら回り始める。体は内側にどんどん傾く。方向が変わったらグイッとロープを引く、スキーは加速をはじめ、引き波に突っ込んで行く。何回目かのターン、回転の途中タイミングが合わず転倒。キモサベの体は水面を跳ねる小石のように水面を転がった。
 キモサベは中庸を得るということが苦手だ。何をやってもゼロか全開、最初からフルスロットル。スポーツもいきなり限界に挑む。当然の結果として破綻、この場合は転倒だ。スラロームに転倒はつきものだがキモサベはやたらこける。しかし、それは一種麻薬的な快感を伴う。キモサベはスラロームで転倒する事が好きなのだ。
 何度も何度も転倒し体力を消耗し尽くした。ボートにサインを出し、ファーストトライアル終了。水中で板を脱ぎボートに上がる準備をしていると、インストラクターから「キモサベさん、上がる前にウエイク一本やっとけば」のご提案。「そうですね」誘われるがままにウウエイク用の板をはきスタート。スラロームに比べボートは低速、スタートもユラユラッと立ってしまう。すぐに技に挑む、そしてこける、またこける。横乗り系スポーツの共通点に転倒の唐突さがある、スノーボードでもそうだが、受け身をとる暇がない。
 「キモサベさん、そろそろ上がる」「あー、あー、明日はね、、やっておかないと、、」「はっ?」「はい、あしたね、、あしたは、、」
 俺は何を言ってる、、違う違う、俺が言いたいのはそうじゃない、、で、言いたいのは何だ、何だっけ、、何だっけ、、


「だめ押し」///キモサベがお世話になっていたスクールは山中湖のほとりにあります。駐車スペースから、気をつけないとすぐに転んでしまう、登山道のような通路を下り湖畔にでると、雑木に囲まれたクラブハウスがあります。クラブハウス、、というよりはホームレスハウス(関係者の皆さんごめんなさい)には煮炊きのできるキッチン、椅子一つの事務所、半分屋外の倉庫が、畳三畳ほどのスペースに配されています。メンバーがくつろげるスペースは6畳ほどで、直射日光や雨を避けるという役割を果たしてはいます。初めて連れて行く人は「えっ、ここが、、」と一様に驚きます。しかし、スタッフはみな善意の人でキモサベはこのスクールを気に入っていました。
**********
「キモサベさん、大丈夫ですか」インストラクターが笑いながらたずねた。「ちょっと風が出てきたから対岸へ移動します。キモサベさん上がるのも面倒だから、滑っていけば、、でも、あんまりこけないでね、」ボートの中の仲間達がそれを聞いて笑っている。
 そして、キモサベは愚かにも言われるがまま、渡されたスラロームスキーにはきかえ、まっすぐに全開で疾走するボートに引かれ、あきれたことにまた、ギリギリのスラローム、転倒、、
 「上がりましょっか、ね、」さすがにインストラクターもそれ以上はすすめなかった。キモサベはボートのエンジンに足を掛け、クリートに結ばれたロープに手をかけ、満身の力をこめて這い上がった。ズルッと手が滑り水の中へ落下。何度やっても上がれない。「しょうがないなあ」仲間の一人が手をかしてくれて、ようやくボートの中に転がり込んだ。
 ライフジャケットのファスナーを外そうとするが指に力が入らない。諦めて手袋を脱ごうとするのだが掴めない。筋肉が緊張しているせいに違いない。自分の事は後回しにして、次に滑るスキーヤーのスタート準備を手伝った。あれこれ手を出すのだが、うまくいかない。水面に浮かぶスキーヤーにロープを投げてやるのだが定まらず、トンチンカンな場所にポチャンと落ちる。めきめき腕を上げている会社の後輩に当たるスキーヤーに、頑張ってね、と声をかけるのが、実際に口に出た言葉は「ほいほいさん(名前は正解)、えーと、風が吹いてるからね、風がね、、」俺、、おかしい、、


「脳、、」///水上スキースクールの一日は9時から始まります。しかし準備さえできていれば、8時前から滑る事もできます。我々のグループは、朝に弱い者が数名いるため、大抵9時過ぎに到着。こみ具合にもよりますが昼飯前に一回、午後に2、3回滑ります。昼食は近所のレストランに出かけるか、コンビニに買い出しに行くか、簡単に済ませます。そして、夕方5時くらいになると、校長が済まなそうに集金をはじめます。これが終わりの合図、帰り支度をはじめます。
**********
ボートに乗った仲間のスキーヤーが全員滑り終わった。ボートはクラブハウスのある桟橋に向かった。仲間達もこの頃にはキモサベの異変に気づき、「キモサベさん寝てないから疲れたんだよ」「いきなり全開で滑ったから体がビックリしたんじゃないの」「少し休めば良くなるよ」などと心配してくれる。
 桟橋に接岸。自分のスキー、ライフジャケット、手袋を持ってボートから降りる。この単純な事ができない。順番が分からない。スキーを抱えてボートを降り、手袋を忘れた事に気がつき、ボートに戻りスキーを置いて手袋を持ち、ライフジャケットも持たなくてはと途方にくれ、ボートの中で座り込み、、、気を取り直してライフジャケットを抱える、、さあどうしたものか立ちすくむ。「キモサベさん、手袋だけ持って行きなよ、後は持って行くから」やさしいお言葉に甘え、手袋を持って桟橋を歩き始める。すぐに手袋を落とす。拾ってはまた落とす。
 外見はさしたる変化も無いらしく皆普通に接してくれる。「皆さん今日は特別サービスで食事用意しました」スクールの校長がドライカレーを振る舞ってくれた。一口食べた。大きなくしゃみ、口の中のものを吐き出した。皆、びっくり、あきれている。汚れをかたづけて二口目、また盛大なくしゃみ、吐き出す。3回目をやって食べるのを諦めた。
 「キモサベさんコテージに戻って休んだ方がいいよ」「一眠りすればすっきりするよ」自分の異常を自覚していたキモサベはすすめに従った。一緒のボートに乗っていたホイホイさんが運転しておくってくれた。車中寒がるキモサベを気遣って、最近できた公営の日帰り温泉を提案してくれた。キモサベはその通りにした。多分その時点では、自分で他の選択肢を考える事はできなかったのだと思う。
 こぎれいな建物の入り口、人が溢れている。番頭さん風のユニフォームを着た職員が「一時間から2時間待ちでーす。」と怒鳴っている。「どうします、そんな待てないもんね、帰りますねコテージへ」ホイホイさんもキモサベの様子から、今後の事をたずねても具体的な返事が得られないと悟り、どんどん決めてくれる。
 コテージへの帰路「あ、診療所って看板ありますよ、行きましょう」どんどん決めて、どんどん連れて行ってくれた。古ぼけた木造平屋の小さな診療所、待っている患者も無く,すぐに医師が出てきた。だらしなく白衣をはおった小太りの若い医者、「どうしましたあ」。ホイホイさんが手短かに説明してくれた。うなずいて聞いていた医師は、キモサベに名前とか住所とかをたずねた。「100パーセント脳です。」医者は言下に結論をくだした。脳、脳、、脳、、、


「臨死体験」///キモサベは幼稚園の頃、斜視の手術で入院しました。それを最初に6回の入院経験があります。家族、親戚に医者が多い事もあり、ちょっと病院評論家。病室、医師、看護婦、、病院は様々です。乱暴ですが「安心の病院」と「不安の病院」に大別できます。病院はボロボロ、ちょっと不潔、でも医師、看護婦がよければ安心できます。反対に最新鋭のピカピカ病院でも、お粗末な看護婦だとなにかと心配です。今回運ばれた病院は、、フアンデス。。
**********
「じゃあ、救急車呼びます。入院です。奥さん一緒に着いてきますか、それとも準備して、あとから病院いきますか」小太りの若い医師、印象と違い、テキパキしている。「奥さんじゃないんですけど、車で救急車の後着いてきます」ホイホイさんも誤解にこだわらず、テキパキ事を進める。こうなると段取りのお話、キモサベは参加する意思も能力もなく、ただ「お任せします」。。
 キモサベの記憶はこのあとしばらく途切れている。救急車で運ばれる前後が全く思い出せない。次は診療室から記憶再生「キモサベさん、キモサベさん、聞こえますか、返事して、キモサベさん、起きてくださーい、起きてー、起きろーー」看護婦の声から始まる。「はい、じゃあ、お名前は」「キモサベです」、住所は「、、、世田谷区、、じゃなくて、、ほら、、あの、、えっとー、、」「はーい、いいですよー、じゃね、じゃあ、今日はなんねんなんがつなんにちですかー」「なんねん、、なんねん、ねんのねん、、」「はい、いいですよー、先生おねがいしまーす」
医師登場「それじゃあ絶対安静ってことでね、はい」のひとこと、で所要1分の診断が終わり、病室へ運ばれた。
 この部屋で点滴をうけながら7日間を過ごしたのだが、記憶はぼんやりしている。後日家族友人知人に取材した結果では、意識不明と言う事でもなく、会話もしているようだ。キモサベが覚えているのは、白いタイルばりの床、その中央にある大きな排水口、部屋の隅に置かれた数本のボンベ、ベッドの上に白い布を首まで掛けて寝ているキモサベ自身、、思い出せる絵は天井から見下ろす俯瞰なのだ。その道の方は「キモサベさん、それは臨死体験だよ、肉体から離れた魂が上からキモサベさんを見ていた訳よ」というが。。
 ただただ安静の7日間、医師はさらに安静を指示したが、実弟が母親とともにやってきてキモサベを連れ出した。


「自覚」///キモサベの場合、左の脳にゴルフボールくらいの出血がありました。流れ出た血液がその大きさに広がったということです。そこまで出血したところで赤血珠ががんばって止めてくれたのでしょう。出血量がもっと多ければ、もっと広い範囲がやられたということになります。キモサベにはこの辺のことが良くわかりません。ただ流れ出た血液に触れただけで脳は死んでしまうのでしょうか。血液が通わなくなったのなら分かり易いですが。脳は不思議です。
**********
弟は医師だ。最前線で最先端の医療と向き合っている。「早く次の処置をしないと直るものも直らくなるぞ」と多忙の中、車を飛ばして来てくれた。ステーションワゴンの荷室に寝かされ、大きな病院に運ばれた。CTやらMRIやらで3日間かけて検査された。どんどん体を動かした。トイレも自分で歩いていった。点滴は受けたが、食事はすぐに通常食になった。
 毎朝、看護婦さんが「キモサベさん、おはよー。今日は10時から眼科に行きますねえ、2時から高次脳障害のXX先生が見て下さいますからねえ、今日から病院内は自由に散歩して下さいねえ、外でちゃだめだよおう」と言った具合に、秘書よろしくスケジュールや注意事項のブリーフィングをしてくれる。日替わりメニューにキモサベも満足。
 5日目くらいだろうか担当医が画像を見せながら「ほら、だいぶ出血の跡が小さくなってきました。障害は残りますが、この調子なら多分仕事にも復帰できるでしょう」と言った。ん、「障害」「復帰」二つの言葉が突き刺さった。おれは、そう言う、深刻な病気だったんだ。程度を楽観視していたということではない。一切考えていなかったのだ、自分の病状も、立場も、先行きのことも。ただ、「バナナが食いたいなあ」「眠いなあ」「森がきれいだなあ」、、程度のことしか考えていなかったのだ。
 言語療法士の診療が始まった。一回目「キモサベさん、それではね、動物の名前を言って下さい、できるだけ沢山」。。はいはい、よしきた、動物ね、動物っと、、あれだろ、あれ、、動物だろう、、よし「ライオン」。。「はい、続けてえ」。。「ライオンでしょう、ライオン、、」
 ぜんぜんダメだぞ、俺は。。おれはひどいことになってるぞ。。
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by kemosabee | 2010-03-18 21:20 | 脳 リハビリ 看病


<< 脳溢血 脳梗塞 脳障害、ワタク...      朝のお散歩 中性脂肪 >>